このページの本文へ

Antec「KUHLER-H2O-920」

メンテフリーのAntec製水冷キットに冷却強化版が追加

2011年04月30日 23時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Antecからメンテナンスフリータイプの一体型水冷CPUクーラー「KUHLER-H2O-920」が発売となった。

「KUHLER-H2O-920」
Antecからメンテナンスフリータイプの一体型水冷CPUクーラー「KUHLER-H2O-920」が発売

 製品は、多くの一体型モデルが採用する、ポンプ内蔵型水冷ヘッドとラジエーターで構成されるメンテナンスフリータイプの一体型水冷クーラー。ラジエーター部を挟み込むように2基の120mmファン(700rpm~2400rpm)が装着済みで、PCケースの背面ファン搭載部に固定する仕組み。長さ約330mmのチューブにはポンプ一体型の水冷ヘッドがセットされている。
 対応ソケットはLGA 775/1155/1156/1366、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+のユニバーサルタイプ。ラジエーター部のサイズは151(W)×120(D)×49(H)mm。同梱のソフトを利用することで、温度やノイズレベル、ファンの回転数などのモニタリングや調整が可能となる。
 販売しているのはアークとツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、ドスパラ パーツ館で、価格は1万2980円となっている。ちなみに、先月には下位モデルとなる「KUHLER H2O 620」が発売済みだ。

パッケージ
ラジエーター部を挟み込むように2基の120mmファン(700rpm~2400rpm)が装着済み。パッケージには冷却性能をアピールする表も掲載されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中