このページの本文へ

三菱電機「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)」

3Dグラス付属の三菱製23インチIPS液晶のデモがスタート

2011年04月27日 23時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 偏光方式採用の3Dグラスが付属する、三菱電機製の23インチワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)」のサンプルが入荷。秋葉原では早くも展示デモがスタートしている。

RDT233WX-3D(BK)
偏光方式採用の3Dグラスが付属する三菱電機製の23インチワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)」。5月発売予定

 偏光方式採用の3Dグラスが付属するため、追加投資なしで3Dコンテンツが楽しめるという23インチワイド液晶ディスプレイの新製品。HDMI1.4のフレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトムに加えてラインバイラインにも対応したことにより、3D映画や3Dゲーム、3D放送、3Dムービーカメラ、3D動画投稿サイトをはじめ、さまざまな3Dコンテンツを楽しめるという。
 HDMI1.4対応機器をHDMI入力端子に接続した場合、3D映像フォーマットの信号を自動的に判別して3D映像を表示する機能や、3D映像の奥行き感や飛び出し感を調節する「奥行き感調節」(±6段階ずつ)、2D映像でも擬似的に視差を生成することで3Dのような奥行き感のある映像を楽しむことができる「2D-3D 変換」機能を搭載する。
 製品付属の3Dグラスは偏光方式を採用。そのため、3D映像時の輝度低下を抑えた約100cd/m2の明るさで、クロストーク(重なり感)や、ちらつき感の少ない3D映像を再現するとしており、デモ機を実際に視聴したところ従来の3D表示にはない見やすさを感じることができた。

3Dグラス 追加投資なし 偏光方式
偏光方式採用の3Dグラスが付属するため、追加投資なしで3Dコンテンツが楽しめる。3D映像時の輝度低下を抑えた約100cd/m2の明るさで、クロストーク(重なり感)やちらつき感の少ない3D映像を再現するとしており、実際デモ機を視聴したところ従来の3D表示にはない見やすさを感じることができた

 その他のスペックも同社製液晶ならではの機能が満載。お馴染みとなっている、より自然な解像感で高画質映像を表示する画像処理LSI「ギガクリア・エンジンII」の採用や、2つのデジタル映像入力に対応したPinP機能(子画面のみに超解像技術を適用することもできる)をサポート。IPS方式となる液晶パネルは国内最速クラスの応答速度3.8ms(GTG)を実現する。
 入力端子はHDMI×2、D5端子×1のほか、DVI-D×1とD-sub×1を備え、映像ソースに適した画面サイズとアスペクト比を選べる「画面サイズ」機能搭載。ゲーム機器などの映像を拡大表示する「フル」「アスペクト」「2×ズーム」と、そのまま表示する「リアル」のモードから選択が可能。さらに携帯用ゲーム機の映像をフル画面で表示する「ポータブル」を含む、AVアスペクト機能を搭載している。

リモコン
厚みは39mm。また入力切替など本体の機能を手元で簡単に操作できる専用リモコンが付属する

 その他、表示画素数は1920×1080ドット、表示色約1677万色、視野角左右178°/上下178°、輝度250cd/m2、コントラスト比5000:1(CRO非動作時1000:1)、バックライトが白色LED。ステレオスピーカーが2W+2Wとなるほか、音声入出力端子としてφ3.5mmステレオミニジャック、RCAピンジャック(L/R)を備える。
 サイズは545(W)×170(D)×最大394(H)mm。入力切替など本体の機能を手元で簡単に操作できる専用リモコンが付属する。
 本日から展示デモをスタートさせたのはドスパラ パーツ館(予価4万8000円)と、TWPTOP秋葉原本店(予価未定)で、いずれも偏光方式の3Dグラスを使った3D表示を楽しめる。明日から始まるゴールデンウィークを利用して、アクティブシャッター方式とはまた違った3D体験をしてみるのもいいだろう。

「ももいろクローバーZ」
ドスパラ パーツ館とTWPTOP秋葉原本店ではアクティブシャッター方式とはまた違った3D体験が可能。デモではキャンペーンキャラクターの5人組のガールズユニット「ももいろクローバーZ」が“飛び出す”

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中