このページの本文へ

国産暗号化技術Camelliaタイププランも用意

クラウドで強制暗号化!ユニアデックスのメール暗号化サービス

2011年04月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月27日、ユニアデックスはメール暗号化のクラウドサービス「メール暗号化サービス」の開始を発表した。

「メール暗号化サービス」は、ユーザーや管理者の手を煩わせることなく強制的に暗号化する(ユニアデックスのWebサイトより)

 これはメールの本文と添付ファイルをメール送信経路上で強制的に暗号化するサービス。メールの受信者は、後から送付されるパスワードにより復号を行なう。クラウド上で処理を行なうため、サーバーなどの運用管理や機器管理、急激なメール数の増加によるリソースの追加投資などは不要だ。

 サービスの種類は、一般的な「ZIP暗号化」方式を採用した標準タイプ、NTTと三菱電機が開発した「Camellia(カメリア)暗号」を採用したオプションタイプの2種類。標準タイプのサービス料金が月額126円/ID、Camellia暗号を追加する場合が月額178円/IDとなる(いずれも税込)。

 暗号化のルールは、宛先ごとだけでなく、送信元をグループ化することにより、送信元と宛先の任意に組み合わせて暗号化ルールを設定できる。さらに、グループ所属メールアドレスのCSVファイルによる一括登録、宛先条件へのワイルドカード使用が可能で、管理オペレーションの負荷軽減を図れるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ