このページの本文へ

無線で映像を飛ばす小型テレビ

家中自由に持ち歩ける「フリースタイル AQUOS」

2011年04月21日 14時11分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LC-20FE1」。ブランドは「フリースタイル AQUOS」 「LC-20FE1」。ブランドは「フリースタイル AQUOS」

 シャープから、家の中で持ち歩きながら視聴できる液晶テレビ「LC-20FE1」が発表された。6月1日発売予定で予想実売価格は10万円前後。同社は新機種発表に伴って、特設ページを設けている。

ディスプレー部は3.3kg。背面には自立スタンドと持ち運び用のハンドルがついている ディスプレー部は3.3kg。背面には自立スタンドと持ち運び用のハンドルがついている
ディスプレー部の右フレームには白い線が入っている。これはタッチセンサーになっており、触れると画面に操作アイコンが表示される。アイコン(操作機能)は固定ではなく、動作モードに応じて異なる

 本機は20V型液晶パネル(UV2A+LEDバックライト)のディスプレー部とチューナー部に分れており、据え置き型のチューナーで受信した映像(地デジ/BSデジタル/CSデジタル)を無線でディスプレーに伝送。ディスプレーはバッテリー駆動(2時間程度)が可能で、持ち歩きながらテレビを視聴できる。

チューナー部。背面にEthernet端子とアンテナ入力を搭載 USB HDDへの録画に対応
チューナー部。背面にEthernet端子とアンテナ入力を搭載USB HDDへの録画に対応。エレコムから「LaCie」ブランドでUSB HDD「LCH-SH1TUTV」が発売予定
外部入力端子はディスプレー部背面に搭載。miniHDMIや音声入力などを装備する 外部入力端子はディスプレー部背面に搭載。miniHDMIや音声入力などを装備する

 チューナー部にはUSB端子が搭載されており、外付けUSB HDDへの番組録画が可能。外部入力はチューナー部にはなく、ディスプレー部の外部入力に直接接続する形となる。

 DLNAに対応しており、DLNAサーバーにある映像や音楽を本機で視聴することが可能。さらに「YouTube」や「アクトビラ」「ひかりTV」といった動画配信サービスも利用できる。

「マイサークル」の画面。メインとサブはリモコンの「緑」ボタンで切り替えられる

 本機は新UIとして「マイサークル」を採用。リモコンの「マイサークル」ボタンを押すとテレビ画面が中央に縮小し、その周囲にアイコンが現われる。アイコンは「テレビを見る」や「ホームネットワーク」「お気に入りWeb」(ウェブページにブックマーク)といったものが用意され、リモコンに搭載されたホイールをくるくる回すことでアイコンが回転し、機能を選択できる。

 このマイサークルには「メイン」と「サブ」があり、それぞれ8個(計16個)のアイコンが登録されている。リモコンのボタンを押して、最初に起動するのはメインで、切り替え操作(リモコンの「緑」ボタンを押す)でサブ画面を表示できる。メインとサブのアイコンは入れ替えが可能だ。

左が本機のリモコン。中央にホイールがあり、ぐるぐる回してチャンネル選局などもできる(右)

 このマイサークル操作のため、リモコンも従来のAQUOSとはまったく形状の異なるものとなっている。

カラーは3色を用意
カラーは3色を用意。背面から見ないと色の違いはわからない
ハンドルに引っかけて壁掛けにする専用フックも別売で提供される ハンドルに引っかけて壁掛けにする専用フックも別売で提供される

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART