このページの本文へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記 ― 第8回

弐号機の正体はまさかのエヴァポルシェ!

SUPER GTのエヴァレーシング、なんと弐号機が出現!

2011年04月18日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ホームの箱根、いや富士から弐号機登場!
四輪と二輪で弐号機出動!

 まず始めに、15日にGTAから今年のSUPER GTは第2戦富士の決勝の走行距離を400kmから300kmへ、第1戦岡山大会以降の大会は300kmを250kmへ、第5戦鈴鹿大会は700kmから500kmに短縮されることが発表されたことをお伝えしていきたい(詳細はGTA公式サイトを参照いただきたい)。

 さて、去年に引き続き、今年はマシンを紫電にチェンジして参戦継続を発表したエヴァンゲリオンレーシングから、またもやサプライズが!

 SUPER GTでは既に発表済みの「エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電」(関連記事)に加え、PORSCHE 911 GT3R(去年のミクポルシェ後期と同モデル)による「♯7 エヴァンゲリオンRT弐号機DIRECTION」を加えた2台体制で参戦することになった。事実上の開幕戦となる富士スピードウェイ(4月30日~5月1日)にて、お披露目される。

エヴァポルシェがミクZ4の前に立ちふさがるのか!? 初号機と弐号機がミクとイカ娘を相手に暴走!?

 チーム体制は、ポルシェカレラカップ ジャパンにて豊富なキャリアを持つ“DIRECTION RACING”とコラボレーションし、ドライバーには2007年ドイツF3選手権、2008年全日本F3選手権でシリーズチャンピオンを獲得したカルロ・ヴァン・ダム選手、ディレクションの代表取締役兼ポルシェカレラカップドライバーの経歴を持つ水谷 晃選手という布陣で2011年シーズンを戦う。

カルロ・ヴァン・ダム選手水谷 晃選手

 また、全日本ロードレース選手権(バイクレース)はKawasaki ZX-10Rによる「エヴァRT弐号機トリックスターFRTR」で、鈴鹿サーキットで開催される第2戦・鈴鹿2&4レース(5月14~15日)にスポット参戦することが決定した。こちらは「エヴァRT初号機トリックスターFRTR」と同じく “TRICK☆STAR RACING”とタッグを組み、ライダーには芹沢太麻樹選手を起用している。

エヴァRT弐号機トリックスターFRTRと芹沢太麻樹選手

 そして気になるレースクイーンだが、SUPER GTには新たに清水恵理ちゃん、采女 華ちゃんの2名が加わり、全5名でレースに華を添える。第2戦 富士では5名のレースクイーンが勢揃いするというから、見逃せない。綾波、アスカ、マリときて、いったい誰が加わるのだろうか!?

 今年もやっぱり痛車がアツイ!

水谷望愛ちゃん千葉悠凪ちゃん二輪でのアスカ担当 野呂陽菜ちゃん。もう1名は、 SUPER GTレースクィーンの 5人中からランダムに、もう1名が2輪レースにも登場する
水乃麻奈ちゃんニューフェイス その1 清水恵理ちゃんニューフェイス その2 采女 華(うねめ はな)ちゃん

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社