このページの本文へ

食品ネット通販市場、20%増の2645億円

文●通販通信

2011年04月13日 09時34分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 富士経済は4月12日、「食品ダイレクトセールス市場トレンドデータ2011」を発表した。

 ネットスーパー(食品のみを対象)の2010年の市場規模は前年比35.8%増の569億円、2011年見込は10年比37.3%増の781億円。同市場は、利用者の増加によって急成長を遂げ、買い物弱者対策としても注目を集めている。70代以降の高齢者はFAXや電話注文が多く、インターネット普及率が低いこともあり、今後の利便性の高いツールの提供で利用者拡大が進むとみられる。

 インターネット通販(食品のみ対象)の2010年の市場規模は前年比20.2%増の2645億円、2011年見込は10年比16.2%増の3073億円。同市場は、気軽さと豊富な品揃えによって成長。近隣で購入できない名産品や産直品、お得な訳あり商品が消費者の購買意欲を刺激している。弁当宅配も高齢者需要を主体に利用者が増加しており、行政が実施する安否確認などと併せて今後ニーズは拡大するとみられる。

 調査は、調査対象企業および関連企業へのヒアリング、文献、社内データベースを併用。

 ■「食品ダイレクトセールス市場トレンドデータ2011」  (http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/110412_11032.pdf

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く