このページの本文へ

GIADA「MI-E350」

Mini PCI-E/DDR3-SO DIMM仕様のFusionマザーが発売中

2011年04月08日 22時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Fusion APU「AMD E-350」を搭載したマザーボードが各社から続々と登場している。GIADAからもMini-ITXフォームファクタの「MI-E350」が発売中だ。

「MI-E350」
GIADAから登場したFusion APU「AMD E-350」を搭載したマザーボード「MI-E350」

 ベアボーンキットなどで、すでに採用されているGIADA製マザーが単体で登場。スペックはやや変則的で、拡張スロットがMini-PCI Express ×2(内1本はハーフサイズ用)、メモリスロットがDDR3-SO DIMM×1(DDR3-1066、4GBまで)となる。
 オンボードインターフェイスとしてVGA機能やギガビットイーサネット、8chサウンド、Serial ATA×2、USB3.0×2(ルネサステクノロジー)などを搭載。I/O部の映像出力にはDVI-D/HDMIを備えている。なお、チップセットは「A50M」(M1 FCH)。
 価格および販売ショップは以下の通りだ。

Mini-PCI E DDR3-SO I/O部
拡張スロットがMini-PCI Express ×2(ハーフサイズ)、メモリスロットがDDR3-SO DIMM×1という変則仕様。I/O部には無線LAN用と思われるブラケットも取り付けられている
価格ショップ
「MI-E350」
¥12,970フェイス秋葉原本店
¥12,980アーク
クレバリー1号店
ソフマップリユース総合館
TWOTOP秋葉原本店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中