このページの本文へ

サイズ「TRINITY」

2つのモードで動作する13cmファン搭載CPUクーラーが発売

2011年04月07日 23時25分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 THERMOLABブランドのサイドフロー型CPUクーラー「TRINITY」が、サイズから発売となった。

「TRINITY」
THERMOLABブランドのサイドフロー型CPUクーラー「TRINITY」。オリジナル設計のダイレクトタッチヒートパイプを採用する

 オリジナル設計のダイレクトタッチヒートパイプを採用する、サイドフロー型CPUクーラー。6mm径ヒートパイプ×4本と放熱フィン、130mmラウンド形状のPWMファンで構成され、シンク部分がメモリスロットとの干渉を極力回避させる設計がなされている。
 搭載するオリジナルラウンドフレームファンは130×130×25mmタイプで、600rpm~1800rpm(16dBA~32dBA)のパフォーマンスモード、同梱「SC3ケーブル」(抵抗付きファンケーブル)を介すことで、600rpm~1200rpm(16dBA~24dBA)のサイレントモードで運用可能だ。
 なおネジ穴位置は120mm、140mmとの互換性はない。サイズは136(W)×85(D)×150(H)mmで、幅180mmクラスのPCケースにも搭載できる。重量は735g。グリス、図解入り英語マニュアルが付属する。
 価格は4980円。アークやクレバリー1号店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

スペック
搭載するオリジナルラウンドフレームファンは130×130×25mmタイプ。パフォーマンスモードとサイレントモードで運用が可能だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中