このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第194回

神楽坂でローアングル猫撮影!

2011年04月08日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
凛々しい超ふさふさ猫。見上げているのは、行き交う人をじっと見つめているから(2011年3月 ソニー NEX-5)
凛々しい超ふさふさ猫。見上げているのは、行き交う人をじっと見つめているから(2011年3月 ソニー NEX-5)

 「神楽坂には猫がたくさんいるよ」と聞いたので、近くを訪れるついでに散歩していたのだが、そんな「ついでの散歩」ではなかなか顔を出してはくれないわな……。

 最初に見つけたのは、神楽坂上から少し歩いた、筑土八幡神社のあたり。首からソニーのミラーレス一眼「NEX-5」をぶら下げて歩いていたら、すぐ脇をトトトトッと歩くクロネコを発見。

あ、クロネコ発見! と思ったらフェンスの下に潜り込まれてしまった。さすが猫。後ろ足の肉球がポイント(2011年3月 ソニー NEX-5)あ、クロネコ発見! と思ったらフェンスの下に潜り込まれてしまった。さすが猫。後ろ足の肉球がポイント(2011年3月 ソニー NEX-5)

 「おっ」と思ってカメラを構えてしゃがむと、ツツツツッと工事現場のフェンスの奥に入ってしまった。なんとも素早い。

フェンスの中は少し高くなっていて、猫の上半身しか見えず。さらに奥に行かれたので断念。声をかけたけど「その手にはのるか」って感じで、ふりむいてくれなかった(2011年3月 ソニー NEX-5)フェンスの中は少し高くなっていて、猫の上半身しか見えず。さらに奥に行ってしまったので断念。声をかけたけど「その手にはのるか」って感じで、ふりむいてくれなかった(2011年3月 ソニー NEX-5)

 でも、こんなときこそNEX-5のようなローアングル撮影ができるデジカメの出番。猫が潜り込んだ隙間にレンズを当てて中を覗き込んで見ると、工事のために更地になった台地下の広いエリアを悠々と去っていく。工事自体は行なわれていないので、のんびりしたもんである。

 あまりに悠々と去っていったので断念。

地面ギリギリで狙ってみたふさふさ猫。暗くてISO 1600で1/20秒という状態なので、ちょっとブレちゃったけど、狭い路地を歩いてくる様子がカッコいい(2011年3月 ソニー NEX-5)地面ギリギリで狙ってみたふさふさ猫。暗くてISO 1600で1/20秒という状態なので、ちょっとブレちゃったけど、狭い路地を歩いてくる様子がカッコいい(2011年3月 ソニー NEX-5)

 気を取り直して別の日。猫はいないかなと路地を歩いていると、人がひとりやっと通れるか通れないかという路地をトコトコと歩いてくる大物を発見。

 見るからに大物でしょう。こっちがしゃがんでローアングルで狙っているにも関わらず、気にせず歩いてくる。

 暗い路地を歩いている猫の撮影なので、感度を上げてもAFが間に合わなかったり、被写体ブレがあったりして、ヒット率が低いのだけれども、なんとか1枚だけちゃんと撮れていた。よしよし。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART