このページの本文へ

ECS「P67H2-A (V1.1)」

GeForce+Radeonが可能なP67マザーがECSからデビュー!

2011年04月05日 22時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIA GeForceとAMD Radeonといった、異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境が構築可能となるLucid製チップ採用のLGA 1155対応マザーボード「P67H2-A (V1.1)」が、ECSから発売となった。

「P67H2-A (V1.1)」
異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境が構築可能となるLucid製チップ採用のLGA 1155対応マザーボード「P67H2-A (V1.1)」がECSから発売

 この製品は、チップセットに「P67」を搭載するECS製のハイエンドモデル。別途Lucid製「LT24102」を採用することで、NVIDIA GeForceとAMD Radeonといった異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境(協調動作)が可能となる。「P55」世代ではMSIが得意としていた機能だったが、最新のP67世代では他社も採用してきた格好だ。

拡張スロット
Lucid製「LT24102」を採用することで、NVIDIA GeForceとAMD Radeonといった異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境(協調動作)が可能。別にCrossFireXもサポートする

 主なスペックは、拡張スロットの構成がPCI Express(2.0) x16×3(動作モードは x16+x16+x0もしくはx16+x8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2。メモリスロットはDDR3が4本で対応はDDR3-2133(OC)/1866(OC)/1600(OC)/1333/1066MHz、最大32GBまで搭載可能。
 オンボードインターフェイスにはデュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E×2)や8chサウンド(Realtek/ALC892)、Serial ATA II×6、SATA3.0×4(eSATA×2含む)、USB3.0×6(ルネサステクノロジー+VIA VL810)などを搭載する。
 価格はアークで2万8470円、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で2万9780円となっている。

I/O部
デュアルギガビットイーサネットに計6ポートのUSB3.0など、ハイエンドモデルらしい豊富なオンボードデバイスを揃える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中