このページの本文へ

日本技芸の新サービスは105円から

Googleカレンダーにグループ機能を加えるrakumoカレンダー

2011年04月05日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月4日、日本技芸は「Google Apps for Business」のカレンダー機能をグループカレンダーとし、スマートフォンからも利用可能にするサービス「rakumoカレンダー2011」を発表した。

Googleカレンダーにグループ機能を加える「rakumoカレンダー2011」

 低価格、強力なスパム対策機能を持つGmailが使える、自社にサーバーが不要といったメリットから、グループウェアとしてGoogle Appsを導入する企業が増えているが、Googleカレンダーの機能に不満を持つケースも多い。国内で広く使われているグループウェアのカレンダー(予定表)機能は、会社組織と連動し、部署単位でのスケジュール管理が可能だが、Googleカレンダーにはこうした機能がないためだ。

 rakumoカレンダー2011は、Googleカレンダーにチームやグループでのスケジュール管理の機能を加えるものだ。Googleカレンダーを置き換えるサービスではなく、基本情報はGoogleカレンダーに保存し、独自機能だけが日本技芸のサーバー(Googleのクラウドサービスを利用)に保存される。

 スマートフォンとの連携機能も用意。スマートフォンの画面では表示が難しかった、複数ユーザーのスケジュールを同時に表示可能にした。これにより、外出先でも複数メンバーが関わる打合せの予定を迅速に登録できる。同時表示するユーザーは、PC版のrakumoで設定したユーザーグループと連動しており、PC版で使い慣れたユーザーグループをスマートフォンでも同じように利用できるという。

スマートフォンにも対応する

 価格は、1アカウントあたり月額105円。利用にはGoogle Apps for Businessが必要となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ