このページの本文へ

コープこうべ、高齢者・障害者向け夕食宅配サービスを開始

文●通販通信

2011年04月01日 09時29分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 生活協同組合コープこうべは4月1日、高齢者・障がい者・一人暮らしの組合員を対象にした夕食宅配サービス「夕食サポートまいくる」を兵庫県西宮市から順次開始すると発表した。

 同サービスでは、地域住民で構成するサポートスタッフが、夕食を毎日宅配するとともに訪問時に安否確認を行い、一人暮らしの高齢者をサポート。さらに、宅配スタッフによる安否確認を支援する仕組みとして、組合員のマスタ情報に安否確認の希望の有無やかかりつけの病院、緊急連絡先情報を追加した。

 同サービスの開始に向けて、コープこうべは注文から発注、配達にいたる夕食宅配業務をトータルに管理・支援する夕食宅配管理システムを富士通と共同で構築。富士通は、コープやまぐちや生協ひろしまなどで導入実績がある富士通中国システムズの「夕食宅配ソリューション」をベースに、安否確認や退会理由などの会員属性や未収金管理の機能を追加開発している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く