このページの本文へ

東北地方太平洋沖地震&計画停電のまとめ ― 第56回

サーバ向けとクライアントPC向けを用意

日立電サ、SaaS型データバックアップ支援を6か月無償提供

2011年03月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月29日、日立電子サービス(日立電サ)は災害復興支援の一環として、SaaS型データバックアップ支援を6か月無償提供すると発表した。対象は被災地域の行政機関・病院・企業などで、日立電サが管理する国内2か所のデータセンタを利用する。

 バックアップ支援は、「サーバ向けデータバックアップ支援 (10GBコース)」と「クライアントPC向けデータバックアップ支援(10GBコース)」の2種類。どちらも、申込期限は6月末日。提供期間は提供開始から最長6ヶ月で、原則12月末までとなっている。

 問い合わせ、申し込みは、日立災害対応受付センタ(電話番号:0120-2580-93)まで。受付時間が、平日9時~21時、土日祝日9時~17時となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ