このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第191回

地震の後に異変!? わが家の猫の反応

2011年03月18日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
風呂場で大きく伸びをする「かふか」。普段は風呂場には来ないのに……(2011年3月 ニコン D7000)
風呂場で大きく伸びをする「かふか」。普段は風呂場には来ないのに……(2011年3月 ニコン D7000)

 今回の未曾有の大震災でさまざまな被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。そして現場でがんばっている、さまざまな方々に心からの敬意を表します。

 最初の大きな地震(11日)があったとき、私はたまたま区役所にいた。あまりに揺れが大きく長く続くので、これはただごとではないと、用件もそこそこに切り上げて自宅(ちなみに東京都世田谷区)へ走り、エレベーターが止まっていたので階段を10階まで駆け上がると(いや、本当はえっちらおっちらと上がると)、リビングが想像した以上の惨状に。

部屋に入った途端、まず写真を撮る自分もどうかと思うけど、まさかここまでやられてるとは……。左下にあるのがパソコン。上から落ちてきている白いのは空気清浄機。右上の奥でフリーズしてるのが「大五郎」(2011年3月 ソニー NEX-5)部屋に入った途端、まず写真を撮る自分もどうかと思うけど、まさかここまでやられてるとは……。左下にあるのがパソコン。上から落ちてきている白いのは空気清浄機。右上の奥でフリーズしてるのが「大五郎」(2011年3月 ソニー NEX-5)

 リビングの写真だが、写真の左側がわたしの仕事スペース。窓からの日光を防ぐために立てていた突っ張り型のパーティションが倒れ、それが作業机を直撃。幸いパソコンとディスプレーは無事だったけど、大変なことになっていたのである。

 ちなみにこの連載で猫以外の写真が載っている!? と思った方、実は右上に「大五郎」が小さく写ってます。

 そう、帰宅したら、「大五郎」は部屋の片隅でフリーズしていたのだ。

 でも「かふか」の姿が見当たらない。名前を呼んでも、何をしても怯えて出てこない。

 探し回った結果、見つかったのは上の写真に写ってる赤いソファの裏。

 夜になってこっそりとソファの横にある猫トイレの上にちょこんと顔出して、キョロキョロと辺りを見渡して部屋の惨状に驚いていたのだ。

左にある赤いソファの裏からそっと出てきて、周りをじっと見渡している「かふか」の図。慌てて手元にあったiPhoneで撮影(2011年3月 アップル iPhone 4)左にある赤いソファの裏からそっと出てきて、周りをじっと見渡している「かふか」の図。慌てて手元にあったiPhoneで撮影(2011年3月 アップル iPhone 4)

 しばらくしてちょっと落ち着いてきたかなと思ったら、突然ケータイから緊急地震速報の音が鳴り、びっくりしてまた全力で走って雲隠れ。よほど怖かったのだろうなあ。よしよし。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART