このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

エレコム/ロジテックで始める無線LAN ― 第1回

いま乗り換えるなら絶対11n/a対応!

ハイスピード無線LANで新生活をグレードアップ!

2011年04月11日 11時00分更新

文● 週刊アスキー編集部 撮影●篠原孝志(パシャ) イラスト●永野雅子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
障害物や電波干渉に弱い無線LANでは、せっかくの高速ブロードバンドが台無し。強力アンテナ搭載のIEEE802.11n/a対応ルータ『LAN-WH300AN/DGR』なら、高画質の動画コンテンツも自分の部屋で楽しめる。実売価格:9000円前後

家中どこでもハイスピードにつながる!
高速無線ルータで動画再生もスムーズ

 無線LANは便利だけれど、動画サイトの視聴やオンラインゲームのプレー時は有線に切り替える、という人も多いのでは。従来の無線LANルータでは、理論値上は十分な速度でも、ルータからの距離や電波干渉などにより、かなり速度が落ちてしまう。

 無線LANルータを選ぶときは、まず電波の強さと干渉への耐性をチェックしたい。2階や3階建てなど広い住宅なら、より広範囲に電波を飛ばせる外部アンテナ搭載モデルが絶対オススメだ。

 さらに、ほかの家電製品などと干渉しにくい11n/a対応なら、リビングやキッチンでの利用にも安心。最新の無線LANルータに乗り換えて、どの部屋からでも高速につながるネット環境を手に入れよう。

電波干渉に強い5GHz帯を使うIEEE802.11n/a規格に準拠した高性能無線LANルータ。3階建てでも1階から強度な電波が届くパワーアンテナを搭載。有線LANは1000BACE-Tに対応し、ギガビット通信サービスをフルに生かせる

3つのオススメポイント

ポイント1:セットアップがカンタン

インターネットの接続設定ツール『かんたんセットアップツール』が付属。最短3クリック+無線暗号キーの入力の4ステップでインターネットにつながる!


ポイント2:遠くへ届くパワーアンテナ

電波が広範囲に届く超強力な外部アンテナを搭載。アンテナの角度/向き/長さを自在に調節できるので、受信する場所に合わせた無線環境がつくれる。


ポイント3:電波干渉に強い11n/a対応

11n/aは、電子レンジやBluetooth機器の電波干渉を受けにくく、安定した通信が行なえるのが特徴。無線でも快適にストリーミング動画や音楽が楽しめる。

最短4ステップ! 超かんたんセットアップ

 無線LANルータの導入でめんどうなのがインターネットへの接続設定。『LAN-WH300AN/DGR』は、添付CD-ROMに『かんたんセットアップツール』を収録。画面に従って設定するウィザード形式なので簡単だ。

 無線LANが内蔵されているPCからDHCPで接続する場合、3クリック+パッケージに入っている無線暗号キーの入力だけの4ステップで、インターネットにすぐ接続できる。マニュアルをさらに、WPS機能も搭載しているので、対応するゲーム機などの接続は、ボタンを押すだけでオーケーだ。

業界最速のかんたん接続設定

1クリック目

セットアップツールが起動したら“かんたん設定スタート”をクリック

2クリック目

ルータの接続状態を確認して、“次へ進む”をクリック

3クリック目

使用するPCとルータとの接続方法を選んでクリックする

無線暗号キーを入力

暗号キーステッカーに記載されているキーを入力し、“OK”をクリック

接続完了!

ルータに接続できると、そのままインターネットに自動接続する

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

エレコム公式FBページ

プレスリリース