このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第190回

「D7000」と「NEX-5」で猫を撮り比べ!

2011年03月11日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
縁台に座ってこっちをじーっと見ている飼い猫。姿勢も恰幅もよくて、さすが飼い猫って感じ(2010年12月 ニコン D7000)
縁台に座ってこっちをじーっと見ている飼い猫。姿勢も恰幅もよくて、さすが飼い猫って感じ(2010年12月 ニコン D7000)

 昨年末の谷中猫散歩シリーズの……たぶん最終回。今回は一眼レフとミラーレス一眼の撮り比べをテーマにしてみた。

 谷中といえば「霊園」というイメージがあって、最後にちょいと寄り道してみた。墓地って夜は人がいないので、猫的には過ごしやすい場所なのだ。

 iPhoneで地図を見ながらとことこと歩いて行くと、墓地直前で立派な猫を発見。あまりに貫禄があってじーっと見つめ合っちゃいました(冒頭写真)。

 人に馴れてる飼い猫のようで、近づいてみたらいきなり大あくび。

口の開き方が見事っ! こういう瞬間を確実に捉えられるのは一眼レフの良さ。一瞬のことなのにピントもしっかり合ってるし、口が一番開いた瞬間をしっかり狙える。こういうのが一眼レフの気持ちよさ(2010年12月 ニコン D7000)口の開き方が見事っ! こういう瞬間を確実に捉えられるのは一眼レフの良さ。一瞬のことなのにピントもしっかり合ってるし、口が一番開いた瞬間をしっかり狙える。こういうのが一眼レフの気持ちよさ(2010年12月 ニコン D7000)

 ちなみに、冒頭の2枚はニコンのD7000に85mm F1.8という単焦点レンズを付けて撮っている。だから、一眼レフらしいきれいな写真を撮れる。夕方でけっこう暗かったのだけど、それを感じさせない。

 でも、ファインダーを覗きながら撮らないと集中できないので、地面にいる猫をギリギリで撮ろうと思うと下の写真のようになる。

(背景にうっすら見えている)奥の墓地の入り口もフレームに入れたかったので、マジで路地に這いつくばって撮りました(2010年12月 ニコン D7000)(背景にうっすら見えている)奥の墓地の入り口もフレームに入れたかったので、マジで路地に這いつくばって撮りました(2010年12月 ニコン D7000)

 実はコレ、ほぼ這いつくばって撮っている。人通りがない路地だからできたこと。街中でいきなりこれをやったら通報されそう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART