このページの本文へ

レノボ、第2世代Core搭載15.6型ノート「IdeaPad Z570」

2011年03月08日 22時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは、第2世代インテル Core i5/i3プロセッサー(Sandy Bridge)を採用した15.6型ノート「IdeaPad Z570」を発表した。CPUとしてCore i5を搭載するモデルと、Core i3搭載のモデルを用意しており、本体色はメタルレッド、スモーキーグレーの2色となっている。

 価格はオープンプライスで、予想実売価格はCore i5搭載モデルが12万円前後、Core i3搭載モデルが11万円前後。発売はそれぞれ18日から。

「IdeaPad Z570」
本体色はメタルレッド(写真左)、スモーキーグレー(写真右)の2色

 IdeaPad Z570は、CPUとしてCore i5-2410M(2.3GHz)またはCore i3-2310M(2.1GHz)、チップセットとしてモバイル インテル HM65 Expressを採用。グラフィックス機能がインテル HD グラフィックス 3000(CPU内蔵)で、解像度1366×768ドットに対応する15.6型ワイドHD液晶(LEDバックライト、光沢処理)を搭載している。

 メインメモリーは4GB(最大8GB)で、HDDは容量750GB。光学ドライブはBlu-ray Discドライブ(Blu-ray Disc書き込み対応)だ。

 インターフェースは、USB 2.0×3、eSATA/USBコンボ×1、HDMI×1、アナログRGB出力。ネットワーク機能は、100BASE-TX対応有線LAN、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR。このほか、200万画素のWebカメラやSRS Labsのサウンドシステム「SRS Premium Sound」を採用している。

 サイズは、幅376×奥行き250×高さ34.5mm(最薄部32.3mm)で、重量が約2.6kg。バッテリー駆動時間は約5.7時間となっている。OSはWindows 7 Home Premium(64bit)で、「Microsoft Office Home & Business 2010」をプリインストール済み。

レノボ「IdeaPad Z570」の主な仕様
型番 10242HJ(スモーキーグレー)、102482J(メタルレッド) 10242FJ(スモーキーグレー)、102484J(メタルレッド)
予想実売価格 12万円前後 11万円前後
CPU インテル Core i5-2410M(2.3GHz) インテル Core i3-2310M(2.1GHz)
チップセット モバイル インテル HM65 Express
メインメモリー(最大) 4GB(8GB)
メモリースロット 2(0)/PC3-10600 DDR3 SDRAM
HDD容量 750GB(2.5インチ/回転速度5400rpm)
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ(Blu-ray Disc書き込み対応)
グラフィックス機能 インテル HD グラフィックス 3000(CPU内蔵)
ビデオメモリー 最大1.7GB(メインメモリーと共有)
ディスプレー 15.6型ワイドHD液晶(LEDバックライト、光沢処理)
解像度 1366×768ドット
通信機能 100BASE-TX、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR
インターフェース USB 2.0×3、eSATA/USBコンボ×1、HDMI×1、アナログRGB出力
カードスロット 5in1メディア・カード・リーダー(SD、xD-Pictureカード、マルチメディアカード、メモリースティック/Pro対応)
セキュリティ機能 セキュリティー・キーホール、HDDパスワード、スーパーバイザー・パスワード、パワーオン・パスワード
OS Windows 7 Home Premium 64bit 正規版
Officeソフト 「Microsoft Office Home & Business 2010」
本体サイズ 幅376×奥行き250×高さ34.5mm(最薄部32.3mm)
重量 約2.6kg
バッテリー駆動時間 約5.7時間

カテゴリートップへ