このページの本文へ

UMAX「Cetus DCDDR3-8GB-1600OC」

新型ヒートスプレッダを装着したDDR3-1600 4GB×2枚セット

2011年03月05日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マスタードシード取り扱いのメモリブランドUMAXから、DDR3-1600対応の4GBメモリ2枚セット「Cetus DCDDR3-8GB-1600OC」が発売となっている。

「Cetus DCDDR3-8GB-1600OC」
自作ユーザーお馴染みとなるUMAXブランドからDDR3-1600対応の4GBメモリ2枚セット「Cetus DCDDR3-8GB-1600OC」が発売。Intel 6シリーズチップセットマザーボードでの動作検証済みで従来より放熱効率が向上したというヒートスプレッダを装着する

 自作ユーザーお馴染みとなるUMAXブランドのDDR3デュアルチャンネルメモリキットの新製品。容量8GB(4GB×2枚組)で、動作電圧1.5Vの定格タイプ、容量2GbitのDRAMチップを採用する。基板は6層でチップ搭載枚数は256×8(2Gbit DRAM)×16枚(2バンク)、CASレイテンシはCL9。
 モジュール本体には従来より放熱効率が向上したというヒートスプレッダを装着。またIntelのメモリ拡張機能XMPに対応している。なおこのモデルは、Intel 6シリーズチップセットマザーボードでの動作検証済みとされ、製品にはメーカー永久保証が提供される。
 価格は7980円。アークやTWOTOP秋葉原本店、ZOA秋葉原本店で販売中だ。


【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中