このページの本文へ

必携!必読! Androidアプリ ― 第23回

端末が不意にスリープしなくなる便利なAndoridアプリ

2011年03月04日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

わずかな振動を感知して端末のスリープを防ぐ

BetterSleep 0.10.107

作者:Tad
価格:無料


 バッテリを長持ちさせるべく、端末の設定でスリープまでの時間を「15秒」「30秒」といった短さに設定している人も多いだろう。するとウェブなどを読み進めて、感覚的にはほんの少しの間、操作しなかっただけで、意図せずスリープに入ってしまうことがある。そんな腹立ちを回避してくれるツールが「BetterSleep」だ。

初回起動時にセンサーの感度調整を行なう。あとは有効にするだけで、自動で常駐して機能する

 このBetterSleepは端末のほんのわずかな揺れを傾きセンサーを通じて感知し、揺れているときはスリープへの移行を防ぐというものだ。実際に色々な姿勢でウェブや電子書籍を読みながら、その効果を試してみたが、かなり意識的にジッと体を動かさないでいるつもりでも、端末はわずかに揺れているようでスリープしなくなった。

常駐中はアイコンを表示。端末側の省電力設定との兼ね合いで、適切なバランスを自分で決めよう

 なお、端末をカバンやポケットに入れているときは、近接センサーの機能を使うことで、揺れている場合でも自動的にスリープしてくれる。またこのアプリ自体の電力消費が気になる場合も、専用ウィジェットを1回のタップするだけで、素早く機能のオン/オフを切り替えられる。

 端末の種類によってはセンサーの違いなどのせいか、うまく動かないケースもあるようだが、今回テストに用いた「HTC Desire」においては文句なくバッチリ動作した。Android端末を使う上で気になる問題を、1つ確実に解決してくれるツールということでオススメしたい。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART