このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第189回

新宿の裏通りで猫を尾行してみる

2011年03月04日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ご飯を食べて満足したようで、カメラ目線をくれたたばこ屋の猫。飼い猫っぽいが、左耳の角が欠けてるので地域猫かもしれない(2011年3月  キヤノン Powershot G12)
ご飯を食べて満足したようで、カメラ目線をくれたたばこ屋の猫。飼い猫っぽいが、左耳の角が欠けてるので地域猫かもしれない(2011年3月  キヤノン Powershot G12)

 車がびゅんびゅん走って、人がわんさかいるような大通りを歩いても面白くないし、気分もよくないので、時間があると1~2本裏通りに入って歩く。

 小さな繁華街だと、1~2本裏に入るだけで車も通らず生活の匂いがしてくるし、多少大きな繁華街でも古くからの商店や居酒屋が軒を並べていて、平日昼間はのんびりしている。道に迷わないよう「iPhone」で地図を見ながらたらたらと歩いていると、ときどきふわふわした毛の塊がすすっと道を横切ったりする。猫である。

 視界の片隅をよぎる一瞬をいかにして見逃さないか。勝負はそこにあるのだ。でも、たいてい「はっ」と思ってからカメラを構え、ピントを合わせても手遅れである。

「あー、行かないで行かないで」と思っても行っちゃうのが猫。新宿二丁目にて(2010年4月 ソニー サイバーショット HX5V)「あー、行かないで行かないで」と思っても行っちゃうのが猫。新宿二丁目にて(2010年4月 ソニー サイバーショット HX5V)

 ここは新宿二丁目あたり。駅前ほど賑わってはないが、裏通りでも、人通りが多く、猫も落ち着かない。こういう場所の猫は当然ながら警戒心が強く、なかなか振り向いてすらくれない。

 かといって、人通りには慣れてるから、人に見つかったからと慌てて逃げたりはせず、いつでもダッシュできる心構えで悠々と歩いて行くのだ。

 せっかく出会った猫なのだから、撮りたい。どこかで先回りできないかなと尾行。そしたらアパートの脇から路地裏に入ったので、先回りしてみようと次の角を曲がり、ちょっとした空き地で待ち構えてみる。

 すると、出てきました。出てきた途端にきびすを返されたので、振り向き顔になっちゃったけど、「やあ、追いかけてすまんね」ってことで、この場は終了。

ちょっと慌てたのでブレてしまったが、くるっと振り向いた瞬間。目元と口元がぷにっとしていて愛らしい(2010年4月 ソニー サイバーショット HX5V)ちょっと慌てたのでブレてしまったが、くるっと振り向いた瞬間。目元と口元がぷにっとしていて愛らしい(2010年4月 ソニー サイバーショット HX5V)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART