このページの本文へ

GIGABYTE「G1 Killer」シリーズ

GIGABYTEのゲーマー向けマザー「G1 Killer」が週末発売

2011年03月02日 22時30分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋葉原のGIGABYTEショールームにて、ゲーマー向けマザーボード「G1 Killer」シリーズの発表会が行なわれた。製品ラインナップは、最上位モデル「G1.Assassin」、ミドルクラスモデル「G1.Sniper」、エントリーモデルの「G1.Guerrilla」の3種類。どれも「X58」チップセットを搭載している。

秋葉原のGIGABYTEショールームで行なわれた「G1 Killer」シリーズの製品発表会製品のパッケージは弾薬箱を模しているようだ

 X58チップセットを採用した理由についてGIGABYTEは、「複数のPCI Expressスロットをサポートしており、ゲーマーから熱い支持を受けているから。最新チップセットのP67を採用しなかったのは、P67が複数のビデオカードを搭載できるだけのPCI Expressスロットをサポートしていないから」としている。P67マザーでは発売されないのかと不安になるが「まずはX58でリリースするのが最優先。当然P67での製品化も検討している」とのことだ。
 製品は3月4日発売予定で、市場想定価格は「G1.Assassin」が5万1000円前後、「G1.Sniper」が4万円前後、「G1.Guerrilla」が3万5000円前後。

最上位モデルの「G1.Assassin」。フォームファクタはXL-ATXミドルクラスの「G1.Sniper」。フォームファクタはATX

 それでは製品を見ていこう。何と言ってもこのシリーズは見た目のインパクトがスゴい。ライフルの弾倉やハンドガンの銃口を模したヒートシンクが、ゲーマー魂をくすぐる。このヒートシンクはライフルに似た独自の溝が掘られており、高い放熱性能を実現しているという。
 放熱性能をさらに向上するため、ファン用のピンヘッダが5ヵ所に用意されているのもポイントだ。

ライフルの弾倉やハンドガンの銃口を模したヒートシンクが、いかにもゲーマー向けらしい

 G1 Killerシリーズは、ハードコアゲーマー向けモデルということで、SLIやCrossFire Xといったビデオカードの複数枚差しにも当然のことながら対応している。
 さらに、Bigfoot Networks製のゲーマー向けLANコントローラ「Killer 2100」を搭載している。専用ツールを使用することで、Windowsを介さずゲームデータを直接ネットワーク専用チップで処理するため、CPUの負荷を軽減でき、オンラインゲームで絶大な威力を発揮するという。

Bigfoot Networks製のゲーマー向けLANコントローラ「Killer 2100」を搭載。コントローラの下にあるチップは、ネットワーク専用のDDR2メモリ(512MB×2)

 ゲームにおいてサウンドは重要だ。気分を盛り上げるだけでなく、敵がどこにいるのかを察知するための情報源にもなる。そこで、G1 Killerシリーズの上位2モデルには、Creative製のサウンドチップ「X-Fi Xtreme Fidelity」(CA20K2)をオンボードで搭載している。音声用コンデンサは、最高品質の音声分解能とサウンド拡張性を誇るニチコン製の「MUSE ES」シリーズおよび「MW」シリーズを採用。ヘッドフォンアンプには、150Ωの大音量アンプを使用している。

Creative製のサウンドチップ「CA20K2」をオンボードで搭載しているニチコン製の両極性音声用コンデンサを採用している(緑と黄色の円柱型パーツ)。これらはビデオカードと干渉しないよう、高さも抑えられている

 GIGABYTE製マザーといえば、独自の超耐久サーマル機能「Ultra Durable 3」がウリだ。G1 KillerシリーズにもこのUltra Durable 3は搭載されている。メインBIOSが故障した際にバックアップから自動復元する「Dual BIOS」も、容量3TBのHDDに対応。3TBのHDDでもパーティションなしでブートできるようになっている。
 なお、各製品のスペックなどの詳細は、GIGABYTEの「G1 Killer」モデル紹介ページを参照してもらいたい。

PCI Express x1の最大帯域は10Gb/sで、旧来のPCI Express x1と比べると約4倍に向上しているSATA3の転送速度はICH10RのSATA2より50%も速く、P67のSATA3に近い数値となっている

Intel 6シリーズ搭載製品の供給について

 発表会の最後で、現在販売停止中の「Intel 6」シリーズチップセット搭載マザーボードの再販について、マーケティング本部長のTim Handley氏から話があった。不具合を解消したB3ステッピングのマザーボードは近日中に出荷予定で、対策品には型番の末尾に“B3”が追加されるとのこと。
 型番はパッケージだけでなく、基板にプリントされた型番やBIOS、バンドルのユーティリティソフトなどでも確認できるので、未対策品と混同することはない。

ミリタリールックで登場したGIGABYTE本社 マーケティング本部長のTim Handley氏Intel 6シリーズチップセットの不都合対策品には型番の末尾に“B3”と表記されている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中