このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新エンジンで死角なし! 新REGZA Z2はここがすごい

2011年03月02日 23時37分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 既報のとおり、東芝は液晶テレビ「REGZA」(レグザ)シリーズの上位モデルとなる「REGZA Z2」(以下Z2)シリーズ3機種を発表した。

 ここでは同日開催された新商品説明会で明かされた、Z2シリーズの特徴について見ていきたい。

Z2000以来の新プロセッサー「CEVO」で
画質も機能も向上

Z2のマザーボード部。銀色のプレートに覆われているのが「レグザエンジンCEVO」

 Z2シリーズでは画質強化からユーザーインターフェースの改良、ネットワーク機能など、さまざまな特徴を備えている。それらの改良を実現しているのが、新たに採用されたプロセッサー「レグザエンジンCEVO」(CEVO、シーボ)である。

 「CELLレグザ」のようなウルトラハイエンドの特殊な製品を除けば、2006年登場のZ2000シリーズから2010年のZ1まで、REGZAでは継続して「レグザエンジン」と称する独自のプロセッサーを映像処理エンジンとして採用し続けていた。新しいCEVOは、テレビ用半導体としては最先端と言える40nmプロセスで製造されるデュアルコアCPUと、高画質化回路やメモリーなど3種類の半導体ダイを1パッケージに積層。Z1のレグザエンジンと比べて、Z2のCEVOは3.4倍もの処理能力を有するという。

新エンジン「CEVO」の特徴。テレビでプロセッサー性能をアピールというのはピンとこないかもしれないが、伝統的にREGZAの上位モデルは、強力なプロセッシングパワーで多彩な機能を実現している

 CELLレグザが汎用プロセッサーである「CELL B.E.」の強力な演算能力を生かしたソフトウェアベースのソリューションだったのに対して、CEVOではテレビ用のカスタムLSIであるため、イメージとしては処理の半分はハードウェアで実行する。

 このCEVOの処理能力を生かした高画質化処理のひとつが、「3次元フレーム超解像技術」(レゾリューションプラス6)である。従来の超解像技術では、表示する映像フレーム自体を解析して高精細化を実現していた。新しい3次元フレーム超解像技術では、表示フレームの前2フレーム分と後1フレーム分と合わせた計4フレームの映像を使い、表示フレームの高精細化処理を行なう。

「3次元フレーム超解像技術」の解説スライド。前2フレームと表示フレームの高解像度映像から差分検出により再構成した映像に、さらに後1フレームとの差分検出も加えて表示フレームを作り出すという3次元フレーム超解像技術のイメージ画像。右が処理後の画像だが、店頭展示などでデモを見た方がわかりやすいだろう

 デモ映像では従来製品と比べて、すだれや屋根瓦、テレビアンテナといったちらつきの出やすい要素でも、ちらつきのない映像を実現していた。説明によると、テレビ放送だけでなくHDMI経由の入力映像などでも効果があるという。それに加えて、放送波では4分の1に圧縮されて失われた色情報を、4倍に復元する「色の超解像処理」も行ない、映像本来の美しさを再現することに注力している。

 また、従来比で45%もコントラストを改善した新しいIPS液晶パネルの採用に加えて、両サイドに装備したLEDバックライトの16分割エリアコントロール(37Z2は10分割)などにより、映像のコントラストをさらに向上させている。

 映像の残像感を低減する新機能「アクティブスキャン240」では、秒60フレームの映像を120フレームで倍速表示するのに加えて、バックライトを横に8分割(37Z2は5分割)してエリアごとにスキャンすることで、より残像のない映像表示を可能としている。

失われた色情報を再現する「色の超解像処理」と色再現性が向上した液晶パネルにより、色鮮やかになったバックライトのエリアごとの制御で残像低減に効果を発揮する「アクティブスキャン240」。合わせてパネル側の導光板も改良されている

 ゲームユーザー向けの低遅延表示機能も強化された。「ゲームダイレクト3」と称する新機能では、遅延時間をZ1シリーズの約19.3ミリ秒(約1.2フレーム分)から、約11.9ミリ秒(約0.7フレーム)まで短縮。ついに1フレーム未満の遅延での表示が可能となった。従来機で好評だった、ポータブルゲーム機映像の大画面表示機能も採用している。

本体背面の左側にマザーボード部が収納され、その周囲に端子類が並ぶ。薄型化のために一般的なRCAピンジャックが装備できず、付属の変換コネクターを使ってミニプラグに接続する方式をとっている。テレビチューナーは3チューナー内蔵なので、B-CASカードは2枚挿入される

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン