このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

女性を美しく撮れる! 「LUMIX DMC-FX77」の実力

2011年03月03日 12時00分更新

文● 小林 伸、モデル●山口立花子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LUMIX DMC-FX77」 「LUMIX DMC-FX77」。写真の「スエードブルー」のほか、「グラマラスピンク」「レオパードゴールド」「リリーホワイト」の4色展開となる

 パナソニックのコンパクトデジカメ「LUMIX」ではイメージリーダー的存在の「FX」シリーズ。女性ユーザーに大変人気があり、最近ではボディーのカラーバリエーションはもちろん、機能的にも“女性による使いやすさ”を意識したカメラになってきている。

 今回紹介するのは、その最新モデルである「LUMIX DMC-FX77」(以下FX77)だ。2月18日に発売(実売3万5000円前後)された機種だが、桃の節句の今日(3月3日)紹介するのにはぴったりの製品だと思う。

驚きのメークアップ機能

「変身」モードの撮影画面 「変身」モードの撮影画面。下に並んでいるアイコンから効果を選択する

 FX77の醍醐味と言える機能は、撮影時に被写体の幅を細くしたり太くできる「変身」モードと、撮影後の画像をレタッチする「ビューティーレタッチ」の機能だろう。

通常の写真
上写真の被写体をシーンモード「変身」で撮影。左が「スリム強」、右が「グラマラス強」
同じく「変身」での効果の違い。左から「効果なし」「スリム強」「グラマラス強」

 「変身」モードは、シーンモードのひとつとして用意されている撮影モードで「少しでも細く写りたい」という、女性の多くが望む願望を叶えてくれる機能だ。被写体を細くする「スリム」と、太くする「グラマラス」という設定があり、それぞれに2段階ずつ調整できる。調整を「強」にしたときの効果はすさまじいので、通常は「弱」の設定で十分だろう。

通常の写真 通常の写真
エステレタッチを全部最高レベルでかけた状態 エステレタッチの設定メニュー
エステレタッチを全部最高レベルでかけた状態エステレタッチの設定メニュー
メイクレタッチを全部かけた状態 メイクレタッチの設定画面
メイクレタッチを全部かけた状態メイクレタッチの設定画面

 撮影後に画像を調整できるビューティーレタッチ機能には、「エステレタッチ」と「メイクアップレタッチ」の2つの機能がある。エステレタッチでは、肌透明感やテカリ除去、ホワイトニング、シェイプアップ、デカ目の調整項目がある。

「エステレタッチ」後に「メイクレタッチ」をかけた状態 適用する前に効果を確認できる。なお、適応後の画像は新たに生成され、元の画像はそのまま残る
「エステレタッチ」後に「メイクレタッチ」をかけた状態最終的に効果を適用する前に比較して確認できる。なお、適応後の画像は新たに生成され、元の画像はそのまま残る

 メイクアップレタッチには、肌色、リップカラー、チークカラー、アイシャドウの調整項目があり、一度エステレタッチした画像に対して、さらにメイクアップレタッチの調整を加えることができる(その逆もできる)。

 撮影時に顔認識機能を使用していなくても、再生画像から人の顔を認識し、その顔に対してレタッチを施してくれる。顔の認識精度に関しては、正面の顔であればOKなのだが、若干でも斜めだったりすると認識できないことがあるので、撮影の際には注意が必要かもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART