このページの本文へ

オンキヨーからネット強化のエントリー向けAVアンプ登場

2011年03月01日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「TX-NA579」(左)と「TX-NA609」(右)。NA609はブラックのほかシルバーのモデルを用意

 オンキヨーから、エントリー向けAVアンプ「TX-NA579」と「TX-NA609」が発表された。NA579は3月25日発売で、希望小売価格は7万1400円。NA609は3月18日発売で、希望小売価格は8万4000円となる。

 両機種とも従来機(TX-NA578/608)からネットワーク機能が強化され、ホームネットワーク上のDLNAサーバーやWindows 7搭載PCに保存された音楽の再生が可能となっている。

 また、同社オリジナルのiPod touch/iPhoneアプリ用「Onkyo Remote」に対応し、入力切り替えや選曲などのリモート操作が行なえる。

 加えて、ホームオーディオ機器としては初めて、ラジオ番組のネット配信サービスである「radiko.jp」に対応する。「vTuner」などのインターネットラジオの受信も可能だ。

 さらに、両機は内蔵のビデオアップコンバーターにより、4K2K(3840×2160ドット)の映像出力が可能。現状、4K2Kに対応するテレビなどは販売されていないが、今後を先取りした仕様となっている。

TX-NA579(左)とNA609(右)の背面。NA609にはPC入力端子(D-SUB 15ピンとHDMI)が備わっており、本機を介してテレビなどに映像を出力できる。RCAピンのサラウンド出力も備わっている

 NA609はNA579の上位機種で、同社独自のデジタルノイズ抑制回路「VLSC」の搭載など、より高音質化が図られ、国際的な品質基準である「THX Select2 Plus」に準拠している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン