このページの本文へ

ASRock「E350M1」

1万2000円台のFusionマザー「E350M1」が近日ASRockから!

2011年02月23日 22時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのモバイル向けFusion APU「AMD E-350」を搭載したMini-ITXフォームファクタのASRock製マザーボード「E350M1」のサンプル版が本日ドスパラ秋葉原本店に到着。25日(金)に販売がスタートする予定だ。

「E350M1」
25日に販売がスタートする「AMD E-350」を搭載したASRock製「E350M1」
POP
ドスパラ秋葉原本店によると予価は1万2780円。他のショップによる事前情報でも概ね似たような価格で、Fusion APU採用マザーとしては最安となる価格設定もポイントとなる

 ASUSTeK製「E35M1-M PRO」Gigabyte製「GA-E350N-USB3」に続く3モデル目の「AMD E-350」搭載マザーボードの新製品。統合GPUはDirectX 11対応の「Radeon HD 6310」。組み合わされるチップセットが「A50M」(「M1 FCH」)となる点は、先の2モデルと変わらない。

I/O部
USB3.0はASRock製マザーではお馴染みのEtronTech/EJ168Aを採用。I/O部の映像出力にはDVI/HDMI/D-subを備える

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1(x4動作)、メモリスロットがDDR3-DIMM×2(DDR3-1066/800、最大16GB)。オンボードインターフェイスとしてVGA機能やギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA3.0×4、USB3.0×2(Etron/EJ168A)などを搭載。I/O部の映像出力にはDVI/HDMI/D-subを備えているほか、ヒートシンクには小型のファンを搭載している。
 その他、USB機器の充電速度を40%向上し、シャットダウン状態でも充電できる「App Charger」、OSがわずか4秒で起動できる「Instant Boot」、ファン回転数を10段階に設定可能な「Multi SPEED Fan Control」などの独自機能を備える。
 ドスパラ秋葉原本店によると予価は1万2780円。Fusion APU採用マザーとしては最安となる価格設定も魅力だ。


【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中