このページの本文へ

2011年5月に本サービス提供開始を予定

REST API採用のIIJ GIOクラウドストレージFV/Sβ版提供

2011年02月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月23日、インターネットイニシアティブ(IIJ)は外部向けWeb APIとしてHTTPS/RESTを備えた「IIJ GIOクラウドストレージFV/S」のβ版を試用できるプログラムを3月から提供する。

IIJ GIOクラウドストレージFV/Sのサービスイメージ

 基盤となるIIJ GIOストレージサービスは、エンタープライズ向けの品質と可用性を重視したクラウドストレージサービス。最小100GBから提供され、80円/GBという低廉な価格を実現している。IIJ GIOストレージサービス FV/Sで提供されるのはAmazon S3相当のHTTPS/RESTのAPI。

 β版プログラムではユーザー側のアプリケーションからクラウドストレージをAPI経由で直接利用できるほか、他のクラウドストレージからの移行の可否も試せるという。利用期間は3月1日~31日までで、無償で100GBの容量を利用可能。正式サービス開始後も2ヶ月間は無償で利用できるが、正規版への利用環境・データの引き継ぎはできない。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ