このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第53回

スマートフォンで海外旅行を何倍も堪能する技

2011年02月22日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPad、もしくはスマートフォンやAndroidタブレット端末を持っているなら、海外旅行にも持参しよう。飛行機の中や現地での移動、観光やトラブル時に活用できる。ゆっくりとぶらぶらする旅から密度の濃い強行軍まで、大活躍してくれるのだ。今回はスマートフォンを海外旅行で活用する技を紹介する。

海外でもスマートフォンやタブレット端末でネットが使えると、迷ったりトラブルにあったときでも落ち着いて対処できる

iPhoneがマカオで使えるようになった

 先日筆者は海外出張で香港とマカオに出かけた。2010年11月に、マカオはソフトバンクモバイルの海外でのパケット定額プラン「海外パケットし放題」の対象に含まれた。そこで現地でもiPhone 4を使ってみた。また「どうせなら」ということで、手持ちのデジタル機器もいろいろと持参した。

 ソフトバンクの海外パケットし放題は、現地へ行ってから設定すればいいので国内で特に作業する必要はない。今のところ料金は1日あたり1480円となっている(2011年6月30日までのキャンペーン価格)。iPhoneとAndroidのスマートフォン「GALAPAGOS SoftBank 003SH」の接続は問題なさそうだ。

ソフトバンクモバイルのホームページで対応している国をチェック

 一方でiPad Wi-Fi版は、普段はNTTドコモの回線を使うモバイルルーター「Portable Wi-Fi」(DWR-PG)で通信している。しかし、Portable Wi-Fiは海外での利用に対応していない。海外で使うなら、最新モデルの「HW-01C」が必要になるとのこと。しかもNTTドコモの海外パケット定額プラン「海外パケ・ホーダイ」は、マカオが対象外だった(本稿執筆時点)。そのためPortable Wi-Fiは、離日までしか使えなかった。

NTTドコモのホームページで調べてみると、マカオは「特定事業者通信料」が発生することがわかる(赤枠内)

 そこで、グローバルデータの「MiFiレンタルサービス」を利用することにした。グローバルデータではSIMロックフリーのモバイルルーター「MiFi」のレンタルサービスを用意しており、定額通信料は1280円/日とリーズナブルだ。

香港で使えるモバイルルーター「MiFi」をレンタル。グローバルデータのウェブサイトから申し込める

 しかし、残念ながらMiFiもマカオでは利用できないとのこと。マカオで利用できるのは、USB接続タイプの通信アダプターのみだった。今回、あえて海外にパソコンを持っていかないことにしたので、USB接続だけではどうしようもない。

 結局「せめて香港だけでもiPadを使おう」と、MiFiをレンタルすることにした。レンタルサービスにはネットから簡単に申し込めて、受け取り先は羽田空港にした。ちなみに出発2日前に手配したのだが、ぎりぎりだったようだ。3日前までに手続きすることをお勧めする。なお、出発が成田空港で申込日が平日の場合は、前日の17時まで受け付けている。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART