このページの本文へ

「iPhone+Android スマートフォンサイト制作入門」刊行記念

マカロン本の著者が語ったスマホサイトの基本

2011年02月18日 10時01分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 スマートフォンサイト制作の基本を学ぶセミナー「CSS Nite redux, Vol.3〜じっくり学ぶiPhoneサイトのキホン」(主催=CSS Nite実行委員会)が2月17日、東京・麹町のKDDIウェブコミュニケーションズで開催された。

 本セミナーはiPhone+Android スマートフォンサイト制作入門(通称・マカロン本、Web Professional Books)の刊行を記念して開催されたもの。著者のたにぐち まこと氏が、スマートフォンサイトの設計から制作、JavaScript開発までの基本的な流れをひととおり解説した。

セミナーの様子

 セミナーは、設計/デザイン編、制作編、開発編の3部構成で進められた。設計編では、iPhoneのMobile SafariとPCの違いを中心に確認しながら、設計のポイントを解説した。たにぐち氏によると「表示能力はPC並み、通信回線は携帯電話」というiPhoneの特性を理解するのが重要で、HTML5やCSS3の新機能を積極的に活用し、「画像の使用を極力減らすことがポイント」だという。

 続く制作編では、HTML5/CSS3を使った具体的なマークアップ方法について、実際のソースコードを参照しながら解説。また、JavaScriptを使って通信頻度を減らし、画面領域を有効に使うUIの作成方法を紹介した。

 本セミナーと同内容のセミナーCSS Nite redux, Vol.4が21日夜に予定されている。料金は8000円(当日決済、書籍付き)。申し込みはCSS NiteのWebページから。

CSS Nite redux, Vol.2

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く