このページの本文へ

ソフトブレーン・インテグレーション、「iPad Consulting Workshop」を提供

iPadを導入したい企業の悩みを解消する研修

2011年02月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月10日、ソフトブレーンは、グループ会社のソフトブレーン・インテグレーションがiPadの導入を考えている企業向けの研修サービス「iPad Consulting Workshop」を開始したと発表した。

ソフトブレーン・インテグレーションは、企業向けの携帯電話導入コンサルティングから運用までをカバーする、MVNEおよびMVNO事業などを手がける

 iPadを営業スタッフや店舗スタッフに持たせて役立てたいと考える企業は多い。しかし、管理やセキュリティ、コストなどを懸念して導入に足踏みしたり、勢いで導入し結局活用しきれないという失敗談も多く存在するという。そこで、多くの企業にiPadを導入してきた経験とコンサルティング内容を元に、iPad導入に必要なタスクや知識を体系的にまとめ、一日で学べるコンサルティング研修としたのがiPad Consulting Workshopになる。

 この研修では、iPadのアーキテクチャ、使ってできることや危険なこと、導入に必要なタスクや体制作りの手法、管理者が行なうべき監視や管理の内容、さらに労働基準法上の問題までを教育する。

 費用は、1人あたり8万円(税別)。この価格には、運用規程のテンプレート文章、研修テキスト、受講修了証などが含まれているという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ