このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第186回

こっちの“春場所”は健在! 猫相撲を撮る 

2011年02月11日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
子猫はとっくみ合いが大好き。喧嘩じゃなくてじゃれ合い。後ろで見てる白黒猫がさびしそう(2010年12月 ニコン D7000)
子猫はとっくみ合いが大好き。喧嘩じゃなくてじゃれ合い。後ろで見てる白黒猫がさびしそう(2010年12月 ニコン D7000)

 ニュースサイトを読みながら今週のネタは何にしよう、と考えてたら、目に入ったのが「春場所中止」のニュース。だったら猫相撲だっ! である。

 昨年、とあるお寺の前にさしかかった際、境内に猫を見つけたのである。そっと覗いてみると、猫一家にまだ1歳にならない元気まっさかりの猫が3匹ほどいて、それは疲れ知らずで駆けずり回っていたのである。

 雲が厚くて暗かったけど、そこはがんばってISO感度を上げてシャッタースピードを確保し、ぎりぎりまで低い位置にしゃがんで撮影の準備。子猫が2匹いたら、もう始まるのは目に見えているのだ、猫相撲がっ。

取っ組み合った瞬間。飛びかかったのは向こう側の白と縞の猫(2010年12月 ニコン D7000) 右手で頭をペシッとした図。顔がいじめっコっぽいのは気のせい?(2010年12月 ニコン D7000)
取っ組み合った瞬間。飛びかかったのは向こう側の白と縞の猫(2010年12月 ニコン D7000)右手で頭をペシッとした図。顔がいじめっ子っぽいのは気のせい?(2010年12月 ニコン D7000)

 さらに追い打ちをかけて、頭をぺしっ。子猫の世界は厳しいのだ。

 最初はミケと白縞。がっぷり四つに組み合ったかと思ったが、押されるミケ。そのまま押し倒されて負け(冒頭写真)。ごろんと転がった顔が「負けました」って感じでいい。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART