このページの本文へ

最新バージョンへのアップデートを推奨

再び危うし!Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性に注意

2011年02月10日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月9日、JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性に関する注意喚起を行なった。

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性に関する注意喚起を行なった

 発表によると、細工したコンテンツをユーザーがAdobe ReaderとAcrobatを利用して閲覧することで、不正終了したり任意のコードを実行させられる脆弱性があるというもの。なお、JPCERT/CC では本脆弱性を使用した攻撃は確認していないという。

影響を受ける製品

  • Adobe Acrobat X (10.0) 及びそれ以前
  • Adobe Reader X (10.0) 及びそれ以前
  • Adobe Reader 9.4.1 及びそれ以前

 アドビシステムでは、本脆弱性を使用した攻撃を確認しており、すでに提供している最新バージョンへアップデートを勧めている。アップデートは、Adobe ReaderとAcrobatの起動後、メニューの「ヘルプ(H)」から「アップデートの有無をチェック(U)」をクリックし更新が可能だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ