このページの本文へ

オフィス型とコンテナ型の2種類を用意

NEC、モジュラー型データセンターを短期で構築

2011年02月08日 07時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月7日、NECは省電力・省スペースのデータセンターを短期間で構築する「エコモジュラーデータセンター構築ソリューション」を発表した。空きスペースをデータセンター化する「フロアDCモジュール」とコンテナを採用した「DCモジュール」の2つが用意される。

 フロアDCモジュールは、既存のデータセンター事業者や企業向けで、空きスペースをパーティションで区切り、高密度なデータセンターを構築するというもの。ラック、空調機、電源設備、パーティション(10㎡)、関連工事を含んで希望小売価格は2000万円から。NECファシリティーズから提供される。

 DCモジュールが屋内設置と屋外設置の2つのタイプが用意される。屋外タイプはNECフィールディングより提供され、ラック×6、アルミコンテナ部、基礎部分工事、コンテナ内電源、空調設備、消火設備、関連工事など含んで、希望小売価格は5000万円からとなる。

屋外設置タイプの想定図

 屋内タイプはラック×4(最大35kW/ラック)、コンテナ本体、コンテナ内電源、空調設備、消火設備、関連工事など含んで、希望小売価格は2800万円からとなっている。外気冷却と水冷が選択できる。こちらはNECネッツエスアイから提供される。

 DCモジュールの構築期間は約3カ月で、従来の2年に比べて大幅に短縮化されている。コンサルティングや省電力製品の選定・提供、ファシリティ設計、施工、運用・保守サポートはNECがワンストップで対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ