このページの本文へ

GALAXY「GF PGTX460/1GD5 WHITE EDITION」

超OC仕様の白い「GeForce GTX 460」がGALAXYから発売

2011年02月05日 22時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 白色基板が特徴の「GeForce GTX 460」搭載ビデオカード「GF PGTX460/1GD5 WHITE EDITION」が、GALAXYから発売された。

「GF PGTX460/1GD5 WHITE EDITION」
白色基板が特徴の「GeForce GTX 460」搭載ビデオカード「GF PGTX460/1GD5 WHITE EDITION」がGALAXYから発売

 「GF PGTX460/1GD5 WHITE EDITION」は、やはり白色基板を採用する「GeForce GTX 560 Ti」搭載モデル「GF PGTX560TI-SPOC/1GD5 WHITE」の兄弟モデルに位置づけられる製品。
 VOLTERRA製PWM(GPUはデジタル6フェーズ、メモリはアナログ2フェーズ)は最大240Aの電流を供給可能とするほか、SANYO製POSCAP、NEC TOKIN製プロードライザ、Bussmann製パワーインダクト、計82個のMLCC(積層セラミックコンデンサ)を採用するなど、最高品質のパーツをふんだんに使用。ノイズを低減、電圧/電流を安定させて、大幅なオーバークロックにも耐えることが可能となったという。

裏面の様子
カード裏面の様子。どちらかと言うとクリームがかったホワイトといった印象のカラーリング。NEC TOKIN製プロードライザを搭載しているのがハッキリと分かる

 アルミ製ファンカバーの内部は、4つのヒートパイプとアルミフィンで構成された冷却クーラーを搭載。主なスペックは、コア/シェーダー/メモリクロックが定格仕様の675MHz/1350MHz/3600MHzから、850MHz/1700MHz/4000MHzへと大幅にオーバークロックされている。搭載メモリはGDDR5 1GBで、ブラケット部はHDMI/DVI-I/DisplayPortという構成。PCI Express補助電源は6ピン+8ピン仕様(リファレンスは6ピン+6ピン仕様)となる。
 価格はフェイス秋葉原本店で2万3770円、TWOTOP秋葉原本店で2万3780円。初登場から約半年が経過した「GeForce GTX 460」だが、今回発売となった「GF PGTX460/1GD5 WHITE EDITION」は、シリーズ最上位モデルともいえそうな製品となっている。

ブラケット部
ブラケット部はHDMI/DVI-I/DisplayPortという構成。PCI Express補助電源は6ピン+8ピン仕様(リファレンスは6ピン+6ピン仕様)となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中