このページの本文へ

「Cisco VNI Global Mobile Data Traffic Forecast for 2010 to 2015」から

2015年までにモバイルデータトラフィック量は26倍へ!

2011年02月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月4日、米シスコは、「Cisco Visual Networking Index (VNI) Global Mobile Data Traffic Forecast for 2010 to 2015」の結果を発表した。

米シスコ ワールドワイド サービスプロバイダー マーケティング部門担当バイスプレジデント スラジ・シェッティ氏

 これによると、2010年から2015年にかけて世界のモバイルデータトラフィック量は26倍増加し、2015年には1ヵ月あたり6.3エクサバイト(年間75エクサバイト)に達するという。

 これは、ビデオアプリケーションやサービスを配信するモバイルインターネット対応デバイスの普及が急速に進むと見込まれるためだ。

 2015年までに56億台以上のパーソナルデバイスがモバイルネットワークに接続されるほか、マシンツーマシンノードも15億台に達すると見込んでいる。

 つまり、世界の総人口のほぼすべてが、1人1台モバイルネットワークに接続するデバイスを持っている計算になる。モバイルビデオは2010年から2015年にかけて35倍増加し、2015年には全モバイルデータトラフィックの66%を占めると予測される。

 米シスコ ワールドワイド サービスプロバイダー マーケティング部門担当バイスプレジデント スラジ・シェッティ氏は、2009年から2010年にかけて世界のモバイルデータトラフィックが2.6倍に増え、3年連続でほぼ3倍となったことはモバイルインターネットの力を裏付けているとした。さらに、モバイルデバイスの新機種が次々に登場することに加え、モバイルブロードバンドアクセスの拡大、コンテンツの増加、さまざまなタイプのアプリケーション(特にビデオ)などが、このような著しいトラフィックの増加を促進している要因だと分析した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ