このページの本文へ

「RSA SecurID Software Token」

EMCジャパン、Android対応ワンタイムパスワード認証ソフト

2011年02月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月4日、EMCジャパンは、Android搭載スマートフォンに対応したワンタイム・パスワード認証ソフトウェア「RSA SecurID Software Token」を発表。2月7日より販売開始する。

RSA SecurID Software Token画面イメージ

 Android搭載スマートフォンにインストールするだけでワンタイムパスワードを生成・表示する、RSA SecurIDの認証用のソフトウェア。これにより、スマートフォンによるアクセスもPCと同様の強度の認証が得られるという。

 RSA SecurIDの認証サーバーは、利用者がいつ、どの機器からアクセスしたかをログとして記録。これらのログは、セキュリティインシデント発生時の調査や原因解析に役立つとしている。

 価格は、ライセンス数により異なる。2年版ライセンス、100ユーザー分の場合、1ユーザーあたり4800円(税抜)となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ