このページの本文へ

共同のソリューションも開発

リコーとマイクロソフトがクラウド分野で提携

2011年01月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月25日、リコーグループとマイクロソフトは、クラウド分野で提携すると発表した。

サービス提供概念図

 両社は、リコーグループの販売網・サポート網と、マイクロソフトの技術力・製品力をかけ合わせることで、コスト削減や導入期間短縮などのクラウドサービスの強みと、従来のオンプレミスと同レベルの高品質なサポート体制の両立を実現できるとして、クラウド分野において提携したという。

 提携の内容は以下の通り。

リコーグループとマイクロソフトの共同ソリューションを開発・提供
 Exchange Online、SharePoint Onlineなどのマイクロソフトの企業向けクラウドサービスにリコーのヘルプデスクや導入支援サービスなどを組み込んだソリューションを提供。
クラウドサービス展開に向けた体制強化
 マイクロソフトは、リコーグループと協力して、全国のリコーグループの営業スタッフおよびエンジニア約1万1700名の製品・テクノロジーの理解を高めるためのトレーニングを実施。
共同でのマーケティング・販売・サポートの推進
 マイクロソフトの中堅・中小企業向け総合情報サイト「スマートビジネスセンター」での情報提供や、共同セミナーの開催など、リコーグループとマイクロソフトが連携して、販売促進活動、販売、お客様サポートを推進。

 リコーグループは本提携により、国内で販売するマイクロソフト製品の年間売上を、3年以内に現在の約2倍の200億円に拡大する計画だという。また、今後国内におけるマイクロソフトとの提携の成果や事例をグローバルにも展開していくことで、ITサービス全体のグローバル展開を加速していくとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ