このページの本文へ

ASUSTeK「P8P67 WS Revolution」

P67採用のハイエンドマザーがASUSTeKから登場

2011年01月20日 22時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 連日登場のSandy Bridge対応マザーボードだが、ASUSTeKから「P8P67 WS Revolution」が発売となった。P67チップセット採用のハイエンドモデルだ。

「P8P67 WS Revolution」
ASUSTeKから「P8P67 WS Revolution」が発売。「P67」+「nForce 200」を加えた2チップで構成のハイエンドモデルとなる

 毎度おなじみワークステーションシリーズからも、P67採用のマザーが登場した。チップセットは「P67」に加え、PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を加えた2チップで構成され、PCI Express x16形状のスロットを4本搭載するのが特徴だ。よって2-Way/3-Way SLIやCrossFireXに対応しており、ハイエンドゲーム用マザーとしても使用することが可能となる。

インテル
デュアルギガビットイーサネットにはどちらもインテル製チップを採用。最新モデルらしくルネサステクノロジーによるUSB3.0もサポートされている

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×4、PCI Express x1×3で、メモリスロットがDDR3-DIMM×4(DDR3 2133(O.C.)/1866(O.C.)/1600/1333/1066、最大32GB)。オンボードインターフェイスとして、デュアルギガビットイーサネット(Intel/82574L+82579)、8chサウンド(Realtek/ALC889)、Serial ATA II×6、SATA3.0×4(Marvell/9128による2ポート含む)、IEEE1394(VIA/VT6315N)、USB3.0×2(ルネサステクノロジー)などを装備する。
 価格は2万9800円。ツクモパソコン本店で販売中だが、入荷数は少量となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中