このページの本文へ

ECサイト一括管理の「ネクストエンジン」で受注・決済が可能に

文●通販通信

2011年01月18日 09時48分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ペイジェントとStrapyaNextは1月13日、ペイジェントが提供する決済代行サービスとStrapyaNextが提供する複数ネットショップ一括管理システム「ネクストエンジン」のサービス連携を開始した。

 この連携により、両社のサービスを利用するEC事業者は、「ネクストエンジン」上で楽天市場、Yahoo!ショッピング、ビッダーズ、自社サイトなど複数サイトの受注・在庫・決済一括管理をすることが可能になる。

 通常、EC事業者がモールと自社サイトを並行して運営する場合、運営するECサイトごとに個別に決済処理を行う必要があった。今回のサービス連携により、EC事業者は「ネクストエンジン」上で、「コンビニ決済」「ATM決済」「銀行ネット決済」などの豊富な決済手段を複数のサイトにまとめて導入し、一括管理することが可能になる。

 さらに、入金確認作業も「ネクストエンジン」上にて一括で処理できるようになるため、EC事業運営の事務工数の大幅な削減が期待できる。

カテゴリートップへ

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く