このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第132回

Androidにテザリングは必須!b-mobile「IDEOS」を衝動買い

2011年01月13日 15時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
筆者のテクノロジー別、携帯電話シェアは、Andoroid(5):iPhone(1)だ

 残念なことだが、昔から米国は常に日本の1年くらい先のITトレンドを作っている。そんな米国で、Android搭載ケータイの2010年第3四半期出荷台数がiPhone(iOSデバイス)の2倍程度となった(英調査会社Canalysの発表による)。現在の米国市場では、“北米伝統標準ガラケー”の「BlackBerry」(24.2%)と、ジョブズ様標準の「iPhone」(26.2%)、無国籍軍のハチャメチャUIの「Android」(43.6%)が三つ巴の戦いを展開しているという。

 四半世紀前のパソコン市場では、アップル、IBM-PC/AT互換機、その他のパソコンが群雄割拠していた。そして最終的には、オープンなアーキテクチャーで、生みの親のIBMでさえすべてを掌握できなくなったIBM-PC/AT互換機がアジア圏で大量生産され、その圧倒的なコストパフォーマンスと、ソフトウェアや周辺機器のラインアップから、自由世界の大勢となった。

 単純な筆者は、「歴史は繰り返す」ということで、オープンなアーキテクチャーをうたうAndroidケータイが確実に世界のケータイ市場を押さえるだろうと考えている。まあ、3年もしないうちに明らかな結果の出る話だ。そんなAndroidケータイが、ガラケーとiPhone一色だった日本国内でも、昨今にわかに元気になり出した。

Android2.2.1搭載ケータイ「IDEOS」

 すでに多くのAndroidケータイのユーザーでもある筆者が、年の瀬も押し迫った昨年12月末にゲットしたAndroidケータイは、ハードウェアスペック以外にも目新しい特徴が盛りだくさんの商品だ。

 多くの国内ケータイ電話は、メーカーが企画・開発・製造したケータイをキャリアが一括して買い上げ、顧客に割賦販売しているのがほとんどだ。

手の平にすっぽり入るコンパクト&軽量なAndroid2.2.1搭載ケータイ「IDEOS」

 これに対して日本通信(b-mobile)は、中国企業Huawei(ファーウェイ)製スマートフォン「IDEOS」を輸入し、「技適」(技術基準適合証明)を取得するとともに自社プリペイドSIMカードをバンドルして、国内で販売している(ファーウェイ・ジャパン自体は、日本でのIDEOS出荷予定はないとしている)。

 これは、“安くて速いIBM-PC/AT互換機”を台湾から輸入して、OSをバンドルして販売するという、“世界標準の秋葉原ビジネスモデル”とまったく同じだ。

 筆者のIDEOSは、師走の28日にデリバリーされた。コンパクトなIDEOS本体と、b-mobileのデータ通信SIMカード「b-mobileSIM U300」(10日間定額データ通信付き)が同梱されたモノだ。面倒な身分証明を必要とするケータイ購入手続きなしに、同社オンラインショッピングサイト「b-MARKET」やアマゾンなどで即刻購入できる。

b-mobileからデリバリーされたIDEOS本体と10日間定額使い放題データ通信SIMカード

 パッケージを開くと、IDEO本体、充電池、ACアダプター、各種ケーブル類、イヤホン、カラフルな背面カバーが4種類、そして平易な日本語解説書が複数枚入っている。b-mobileのSIMを挿入し、同梱のリチウム充電池を装着、気に入った色の背面カバーを取り付ければ完成だ。あとは電源を入れて、アクセスポイントの設定、Googleのアカウント設定を行なえば、Androidケータイとして通信環境で活用できる。

SIMカードと必要に応じてmicroSDカード、リチウムイオン充電池をセットする
NTTドコモのMVNOである日本通信(b-mobile)。同社のSIMカードはFOMAカードそのものだ詳細な日本語説明書が入っており、設定やスタートアップは極めて簡単
背面カバーのカラーは計4色。ブラックだけがマット仕上げの大人のイメージだ
最後に、リチウムイオン充電池を入れて、お好みのカラーの背面カバーをはめ込む筆者は、イー・モバイルのIDEOSベースWi-Fiルーター「Pocket WiFi S」(S31HW)には付属しないイエローが気に入った

 また筆者は、Androidアプリのライブラリー「マーケット」に接続し、仮名漢字変換環境として一般的な「Simeji」を導入した。これだけの事前準備で、Googleのクラウドに存在する筆者の連絡先やGmail、Googleカレンダーなどの内容がすべてIDEOSとSyncされ、使用環境の構築が完結した。

言語を日本語に指定するGoogleアカウントを持っていれば、ここでアカウントを入力するだけ
一通りのセットアップが終了した筆者のIDEOS
ASCII.jpはこんな感じ。QVGAなので細かな文字は拡大しないと読めないEvernoteもこの通り。爽快とはいかないが十分実用レベルだ
IDEOS(左)、GALAXY S(中央)、iPhone 4(右)。IDEOSのコンパクトさが目立つ
b-mobile「IDEOS(10日間定額データ通信つき)」(BM-SWU300)仕様
直販価格
b-MARKET
2万6800円
OSAndroid OS 2.2.1
ディスプレイ
(解像度)
2.8型TFT液晶(320×240ドット QVGA)、マルチタッチ非対応
カメラ画素数320万画素
インターフェースMicroUSB、microSD/SDHCカードスロット(最大32GB)、Bluetooth 2.1+EDR
Wi-Fi機能IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN
Wi-Fiテザリング機能IEEE 802.11b/g対応、セキュリティ:WPA2 PSK
最大通信速度
(上り/下り)
7.2Mbps(下り)/384kbps(上り)、b-mobileSIM U300使用時にはベストエフォート上下300kbps
待ち受け時間約230時間
連続3Gデータ通信時間約4時間
連続Wi-Fiテザリング
利用時間
約4時間
バッテリー1200mAh(3.7V)リチウムイオン電池
サイズ/重量幅54.8×高さ104×奥行き13.5mm/約100g(リチウムイオン電池装着時)

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART