このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ついにオープン! 「Mac App Store」を試す

2011年01月07日 22時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月6日(日本時間)、「Mac OS X v10.6.6 アップデート」に含まれる形で、Mac用アプリケーションダウンロードセンター「Mac App Store」が公開された。早速、アプリケーションを購入したので、その一部始終をご報告しよう。

独立したアプリケーションの形で提供される「Mac App Store」は、Mac OS X 10.6.6アップデートに収録されている

まずはMac OS X 10.6.6にアップデート

 Mac App Storeは、すでにiOSデバイス向けに提供されているアプリのダウンロードセンター「App Store」のMac OS X版だ。登録されるソフトはすべてAppleの事前審査を必要とし、有償の場合は売上の7割を出品者が受け取る、といった運営ルールもApp Storeに準じている。2010年10月に実施されたイベント「Back to the Mac」でアナウンスされ、90日以内のオープンが約束されていたものだ(関連記事)。

 Mac App Storeは「Mac OS X v10.6.6 アップデート」の一部として提供され、アップデート完了後にはDockの左端近くにアイコンが登録される。iTunes内に存在するApp Storeとは異なる、独立したアプリケーションバンドル(App Store.app)だ。

Mac OS X 10.6.6にアップデート後システムを再起動すると、Dock左端近くにアイコンが登録されていた

 起動すると、一定間隔で入れ替わる巨大なバナーが目に入る。そのすぐ下には「ニューリリースと注目作品」が配置され、横にはカテゴリー選択などに使う「クイックリンク」が見える。あとは有料/無料別のダウンロード件数トップテンの欄、「What's Hot」といくつかの小さなバナー、そして「スタッフのお気に入り」がトップページの構成要素だ。

Mac App Storeのトップ画面。iOS(iPhone/iPad)のApp Storeを彷彿とさせるデザインが採用されている

 ページの切り替えは、ウィンドウ上部にあるツールバーに配置された5つのボタンで行なう。トップページとして機能する「特集」のほかは、ダウンロード件数を有料/無料/全体の3分類で上位12位まで表示する「トップチャート」、ビジネスや開発ツールなど21の分野別にアプリケーションを表示する「カテゴリ」、Mac App Store経由でダウンロードしたアプリケーションをリストアップする「購入済み」、そしてアップデータの存在をチェックする「アップデート」で構成されている。

アプリケーションは21のカテゴリに分類されているアプリケーションは有償/無償がある。有償の場合はパッケージ版との兼ね合いもあるのか、iOSアプリに比べ価格は高めだ

 アプリケーションの詳細情報を表示すると、スクリーンショットやカスタマー評価などを参照できる。星印アイコンを使ったレーティングや、「このレビューは参考になりましたか? はい|いいえ」といったレビューの使い方も、App Storeと同様だ。

アプリケーションの詳細情報には、スクリーンショットやカスタマー評価が含まれる

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中