このページの本文へ

プロジェクトの円滑な遂行をサポートする「TeamPage 5.1」

アプライドナレッジ、コラボレーションツールの新版を発表

2010年12月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月13日、アプライドナレッジは、コラボレーションツール「TeamPage 5.1」を発表。同日より販売開始した。

プロジェクト単位のワークスペースをWeb上に作成して協働作業を効率化し、仕事を円滑に進めるための基盤を提供するコラボレーションツール「TeamPage 5.1」

 TeamPage 5.1は、プロジェクト単位のワークスペースをWeb上に作成して協働作業を効率化し、仕事を円滑に進めるための基盤を提供するコラボレーションツール。

 PCやスマートフォンなどブラウザが利用できる環境であればどこからでも、ブログのように簡単に情報を投稿・閲覧できる。また、複数のワークスペースを作成でき、プロジェクト毎に整理された仕事環境を構築可能だ。

 高いセキュリティ性を確保するため、ワークスペース毎に細かく設定可能なアクセスコントロール機能や強固な認証機能を搭載。投稿された情報には段落単位でタグをつけて、必要な情報のみ抜き出してコメントや分類ができる。プロジェクトの内容やメンバーの役割や立場に応じて、ワークスペースや管理画面をカスタマイズも可能だ。

 対応OSはWindows Server 2008/2003、Winodws XP/Vista/7、Linux、Solaris(Intel/SPARC)、Mac OS X 10.5以上。ライセンス料は年間49万5000円(税別)から、TeamPageサーバーが99万円(税別)から。なお、5ユーザー、5スペースまでの利用に制限された無料版もダウンロード提供している(保守は含まず)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ