このページの本文へ

三菱電機「VISEO MDT231WG」

ゲーマー向けの三菱製ハイエンド液晶のデモがスタート!

2010年11月16日 23時39分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 三菱電機から本日発表されたばかりの23インチワイド液晶ディスプレイ「VISEO MDT231WG」の実機展示が早くもスタートしている。発売は11月30日の予定だ。

「VISEO MDT231WG」 本日発表されたばかりの23インチワイド液晶ディスプレイ「VISEO MDT231WG」がの実機展示が早くもスタート。発売は11月30日の予定だ

 この製品は、動きの速い動画やゲームでも残像感を抑えて快適に楽しめるという23型ワイド液晶ディスプレイ。PC用液晶ディスプレイとして、業界初のLEDバックライト制御と、IPS方式液晶パネル採用の120Hz駆動倍速補間技術とを組み合わせた3つの表示モードにより、動きの速い動画の視聴やゲームがより快適に行なえるという。主な特徴は以下の通り。

 ・PC用液晶ディスプレイとして業界初のLEDバックライト制御を搭載。
 ・IPS方式のパソコン用液晶ディスプレイで業界初の120Hz駆動倍速補間技術を搭載。
 ・バックライト制御と倍速補間による動画ブレ抑制技術「MP ENGINE III」を搭載。
 ・3つの「MP MODE」で、動きの速い映像も残像感を抑えてクッキリとなめらかに表示。
 ・より自然な解像感で高画質映像を表示する「ギガクリア・エンジンII」を搭載。
 ・ちらつきが発生しやすい箇所を自動で検知し、超解像処理を制御。
 ・入力映像の解像度に合わせて調整範囲を自動で設定する新機能搭載。
 ・スピーカーの位置はそのままで、画面を縦表示にする「リフティングターン」を搭載。
 ・3W+3W のステレオスピーカーに加えて5W のサブウーハーを搭載。

「MP MODE」 「リフティングターン」
3つの「MP MODE」で、動きの速い映像も残像感を抑えてクッキリとなめらかに表示。ゲームのカテゴリにあった表示が可能となる背面の様子。新機構「リフティングターン」採用で、スピーカーの位置はそのままに縦型表示にすることができる

 なお「MP MODE」は、シューティングゲーム(FPS 含む)/音楽ゲーム等に最適な、動画のブレを抑えつつ、表示遅延の抑制を最優先する「レベル1」、ロールプレイングゲーム/アドベンチャーゲーム等に最適な、240Hz駆動相当のなめらかな映像を表示する「レベル2」、スポーツゲーム/レーシングゲーム/アクションゲーム等に最適な、残像感と表示遅延をバランス良く抑え、ブラウン管に近い動画性能を実現する「レベル3」の3通りのパターンから選択する仕組みだ。

縦型表示
「リフティングターン」を使って実際に縦型表示をしてみる。意外に簡単に回転させることができる

 その他の主なスペックは、IPSのノングレアパネル採用で、表示画素数(画素ピッチ)は 1920×1080(0.265mm)、表示色が約1677万色(10億6433万色中)、視野角が左右178°/上下178°、輝度が350cd/m2、コントラスト比が5000:1(CRO非動作時900:1)、応答速度が5ms。サイズは543(W)×最大447(H)×226(D)mmで重量が約11.0kg。

インターフェイス リモコン
背面のインターフェイス。PCゲーム用をうたいつつDisplayPortがない点は残念だが、それ以外は豊富に用意されている各モードの切り替えから、超解像レベルの設定までできる付属のリモコン

 各コネクタは、PC入力がDVI-D(HDCP対応)、HDMI(2系統)、ミニD-SUB15ピン、ビデオ入力がHDMI(2系統)、D5端子、S端子/コンポジットビデオ端子、音声入出力が入力コネクターにφ3.5mm ステレオミニジャック(2系統)、RCAピンジャック(L/R)(2系統)、スピーカーが3W+3W(ステレオ)、5W(サブウーハー)、音声出力がS/PDIF(2ch、HDMI入力時)、φ3.5mmステレオミニジャック、ヘッドホンがφ3.5mmステレオミニジャックとなる。

ポップ
各ショップのポップ。価格は概ね10万円後半といったところ。11月30日の発売を前に予約も受け付け中だ

 展示デモ中のドスパラ本店やTWOTOP秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOPでは予約も受け付け中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中