このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

これぞ「痛前」! 信濃町の寿司屋でサイリウムは輝く

2010年11月12日 12時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 正直、寿司屋で「サイリウム」という単語がこれだけ飛び交うのは初体験だった――。

 世の中にはいろいろなものを売りにするお店があるが、ASCII.jpの読者にぜひいちど訪れてみてほしいのが、東京・信濃町にある「築地日本海 アトレ信濃町店」というお寿司屋だ。

 何の変哲もないこのチェーン店が、実はすごく面白いという話をTwitterで見かけた。筆者はオーディオテクニカの「すしメーカー」を取材したほどの寿司好きだ(一番好きなのはカレーだが)。善は急げとばかり、いそいそと現地を訪れてみたのだが……。

噂の「築地日本海 アトレ信濃町店」。外見はごく普通の寿司屋だ。個室も多めで、打ち上げ向けか

 この店先、どう見ても駅ビルに入っている普通の寿司屋。「まさかガセネタか!?」という疑いを抱き、店内に入ってもやはり普通。もしかして店を間違えたのかもしれない。ここは普通に寿司でもつまんで食べるかな……と思った、そのときだ。

 入り口のテーブルに置かれた、「鹿角の萌えみのり」――何ですか、これ。

「鹿角の萌えみのり」。秋田のお米らしい
声優・茅原実里さんのポスターやグッズが並ぶ店先。その名も「祭壇」

 おまけにレジ横の棚には大量のポスターとグッズが!(右写真) お寿司屋さんなら定番の演歌歌手かと思いきや、これが声優の茅原実里さんだった。

 さらに棚をよく見てみると、そこにはまさかのサイリウム(ライブでファンが使うペンライト)。……ここって本当に寿司屋ですか?

 取材を進めると、先ほどのレジ脇のスペースが「祭壇」と呼ばれていることが分かった。それ以上に驚いたのは、店長の中古拓也(ちゅうこたくや)さんがぶっ飛んでいるということだ。

 寿司屋の店員というと、堅気で気難しいイメージを持っていたが(グルメ漫画の読み過ぎですな)、中古さんはその想像の斜め上を行く人物だった。ファンの間では「中古大将」の名で通っているが、ここは愛を込めて「痛前」と呼ばせていただきたい。

 「祭壇」とは何なのか。というか、この店長、いったい何者なのか。信濃町の寿司屋で出くわしたすべてをありのままに話そう!

寿司屋でサイリウムに遭遇。しかも、まさかの店名入り


(次ページに続く)



前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART