このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「DIY PC Expo 2010 in Akihabara」

3TB HDDからSATA3のSSDまで! 「DIY PC Expo」が開催中

2010年11月06日 23時45分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日6日と明日7日、「ベルサール秋葉原」にてDIY PC Expo運営委員会主催の自作PC・PCパーツのイベント「DIY PC Expo 2010 in Akihabara」が開催されている。1Fでは各メーカーによる展示が、B1Fでは各種セミナーが行なわれている。

開場前
「自作力アップ!」のキャッチフレーズと共に「DIY PC Expo 2010」が開催。晴天にも恵まれ、開場前から長蛇の列となった
セミナー
B1Fに用意されたセミナー会場では、NVIDIA、Intel、LSIロジック、日本AMDによる各種セミナーを開催。神様ことインテル天野伸彦氏によるプレゼンテーションはご覧の通り満席

初の容量3TBとなるWD製3.5インチHDDのデモを実施中

ウエスタンデジタル 史上初となる3TB HDDを始め、数多くのHDDが展示されていた「ウエスタンデジタルジャパン」ブース

 1Fの各メーカー展示ブースでは「Patriot Memory」のSATA3.0(6Gbps)対応SSDや「ウエスタンデジタルジャパン」による3TBのHDD「WD30EZRS」など、国内未発売の新製品も多数展示されていた。

作デモ
750Gプラッタ4枚を搭載し、3TBの大容量を実現した「WD30EZRS」。ブースでは動作デモも実施。2.72TBのプロパティ表示はまさに圧巻だ
注意点
同ドライブを利用する場合、OSに制限がある。さらに3TBを1ドライブとして使うにはMBRからGPTへの変換が必要となる

SATA3.0(6Gbps)対応SSDや高速USB3.0対応メモリ

Patriot
「Patriot Memory」ブースでは、同社の主力製品であるメモリに加えて、SSDやUSBメモリなどを展示していた。なかでもUSB3.0対応のUSBメモリ「MAGNUM PLUS」は、シーケンシャルリード160MB/s、シーケンシャルライト60MB/sとUSBメモリとしては非常に高速な転送速度を誇る
SSD
「12月までには発売したい」(担当者)というSATA3.0(6Gbps)対応の2.5インチSSD。シーケンシャルリード、ライトとも最大500MB/sと非常に高速なスペックながら、現時点で搭載コントローラ等は非公開とのこと。モックアップには「SandForce DRIVEN」のロゴが印刷されていたが、実際の製品ではどうなるのだろうか

Corsairの自信作! ヘッドセット「HS1」

Corsair
Corsairブース中央に展示されていたのが、同社初となるヘッドセット「HS1」。イヤーパッド部分は長時間の使用を考えソフト素材を採用。取り外しも可能で、イヤーパッド部分単体での発売も予定しているとか。販売は11月中を予定しており、価格は1万円以下を予定している

ASKTeckがアクリルクリアケースやファンレスMini-ITXケースを多数展示

ASKTeck Mini-ITXケース Mini-ITXケース
ASKTeck社といえば、アクリル製のPCケースが有名だが、ブースではアクリルケースに加えて、ファンレスのMini-ITXケースを展示していた。本製品ではCPUの熱をヒートパイプを使って、ケースの左右に配置されているアルミ製フィンで放熱することでファンレスを実現。さらに、ヒートパイプの位置は自由に変更できるため、マザーボードに関係なく利用出来るのも特徴だ。かつてもあったデザインだが、国内発売が待たれる製品だ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中