このページの本文へ

J&W「MINIX H55-HD(R)」

1万円割れの安価な「H55」Mini-ITXマザーに改良版が登場

2010年10月29日 23時11分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 販売価格が1万円を切る、「H55」チップセットを搭載したJ&W Technology製のMini-ITXマザーボード「MINIX H55-HD」に、マイナーチェンジモデルとなる「MINIX H55-HD(R)」が登場した。

「MINIX H55-HD(R)」
チップセットに「H55」を搭載したJ&W Technology製のMini-ITXフォームファクタのLGA 1156対応マザーボード「MINIX H55-HD(R)」

 既存モデルの「MINIX H55-HD」でCPUソケット周りのコンデンサが高く、CPUクーラーサイズに制約があったところを、今回登場の「MINIX H55-HD(R)」ではLowProfieタイプに変更。ほとんどのCPUクーラーが搭載可能になった。
 その他の主なスペックは変わらず。拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、メモリはDDR3 DIMM×2(DDR3-1333/1066、8GBまで)。オンボードインターフェイスにギガビットイーサネットや8chサウンド、Serial ATA II×4、eSATA×1などを搭載。また、I/O部に「Clarkdale」コア搭載CPU使用時に利用可能なHDMI/DVI-Iを備える。価格は8980円。アークやクレバリー1号店で販売中だ。

固体コンデンサ
写真では分かりずらいかもしれないが、CPUソケット周りの固体コンデンサが、ほとんどのCPUクーラーに対応するために低くなった。具体的には実測値で約9mmといったところだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中