このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第37回

目的の情報を素早く確実にピンポイントで見つける技

2010年10月26日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Google」と「はてな」を駆使して目当ての情報を入手しよう

 ビジネスからプライベートまで、さまざまな情報を調べる際に、インターネットを利用している人は多いだろう。しかし簡単に見つかる情報なら問題ないが、Googleで検索しても見つからない情報も多い。しかもそんな情報に限って、重要だったり、至急必要なことが多い。今回は必要な情報を、素早く確実に見つけ出す技を紹介しよう。

Googleで目当ての情報を探し当てる

 まず一番最初に調べるのはGoogleだ。キーワードを打ち込んでチェックし、ノイズ(不要な情報)が多いなら、Googleの絞り込み機能を使って絞り込むんでいく。

 キーワードや用語、トレンドなどを調べるなら、「○○とは」を付けるのが定番だ。しかし、最近はこの「とは検索」に表示されるようなSEO(検索エンジン最適化)が広まり、ジャンクな情報しか得られないことがある。そんな時は「用語」「キーワード」などをプラスして検索する手もある。

iPad iPadとは
例えば「iPad」(左)と「iPadとは」で検索すると、ヒットしたサイトのトップ10で共通しているのはWikipediaだけ。「とは検索」のほうが、ダイレクトに説明しているサイトが見つかる

 新しい製品や技術、規格を調べるなら、PDFファイルをチェックしよう。Wikipediaなどに書き込まれた情報は、誰もが編集できるが故に間違っていることもあるので要注意。しかも、本や記事がWikipediaの誤情報を掲載し、その情報がループバックして情報源と記載されることもあるので、出典があっても鵜呑みにはできないのだ。

 製品本体の情報は、その製品や技術を開発したメーカーのウェブサイトを見るべきだが、必要な情報が足りないことも多い。そんな時には、以下のようにファイル形式で絞り込むと、リリースやホワイトペーパーなどが見つかることがある。

  • 規格名 filetype:pdf

 BtoBの資料がヒットすることも多く、一般向けではない情報が得られるかもしれない。情報の内容もWikipediaや一般のブログよりは信用できる。

 上の方法で「USB3.0」というキーワードで調べてみると、企業のリリースやプレゼン資料がごろごろ出てくる。普通に調べた時は、規格の説明ややさしく解説した特集記事がヒットするが、踏み込んだ情報が欲しいならPDFは宝の山と言える。

「USB3.0 filetype:pdf」の検索結果 「USB3.0 filetype:pdf」の検索結果

 パソコンのシリーズ名で検索すると、ほとんどそのメーカーのサイトがヒットする。しかし詳細な型番で調べると、価格比較サイトだけがずらっと並んでしまうこともある。そんな時はメーカーサイトのサイト内検索機能で調べた方が早いのだが、もしメーカーサイトに検索機能がない、あるいは使いにくいのなら、以下のように入力して検索しよう。

  • キーワード site:サイトのURL
iPad site:http://ascii.jp/」で検索すると 「iPad site:http://ascii.jp/」で検索すると、ASCII.jp内で「iPad」を含むページがリストアップできる

 検索の際には、鮮度の高い情報が欲しいところ。例えば「PCが起動しない」というキーワードだけだと、何年も前の情報もヒットしてしまう。Windows 7を使っているのに、Windows 98やXP時代の対処法がわかってもまず役に立たない。そこで活用したいのが、期間指定検索だ。以前は検索子を使う必要があったが、今では左側のメニューから「1年以内」や「1か月以内」といった項目をクリックするだけで絞り込める。

期間指定を使えば、比較的新しい情報から検索できる 期間指定(赤枠内)を使えば、比較的新しい情報から検索できる

 一般的にはあまり役に立たないかもしれないが、製品の通常価格を知りたいときの技も紹介しておく。通常、「製品名 価格」と検索すると、「価格.com」をはじめとする価格比較サイトがずらっとヒットする。最安値を知りたい一般ユーザーならいいのだが、例えば市場調査をしているビジネスマンや、記事に載せる平均価格を知りたい筆者のようなライターにはありがたくない。

 そんな時は、量販店名をキーワードに追加する。「製品名 ビックカメラ」のように入力すればいい。大手量販店サイドはあまり極端な値引きをしていないので、量販店のサイトを開いてから検索するより、一手間少なくて済む。

平均的な実売価格がすぐにわかる 「Wireless Trackball M570 ヨドバシカメラ」で検索すると、平均的な実売価格がすぐにわかる

 なおGoogleの検索術については、「ズバピタ秒殺!ウェブ検索テク【キーワード検索編】」や「同【Google探究編】」でも詳しく紹介しているので、参考にしていただきたい。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART