このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

はじめてのサーバー導入奮闘記 ― 第5回

これでいよいよ完成?

共有フォルダーに保存できるファイルを制限する

2010年10月28日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファイル制限のための下準備をする

 前回は、共有フォルダー内に社員ごとのフォルダーを作成し、アクセス権限も設定した。これで一安心と思いきや大事なことを忘れていた。それは共有フォルダーに保存できるファイルの制限。「とくに実行ファイルの保存は禁止せよ」という社長直々のオーダーは記憶の彼方に飛んでいた。

デルのPowerEdge R410

 それでは早速フィルタリングを、といきたいところだが、やり方がわからない。そこで理系出身の友人に電話で相談を持ちかけてみた。返答はただ一言「ファイルスクリーンでググれ。ブチッ、プープープー」。

 どうやら納品するプログラムが完成して「今夜は焼き肉だー!」と盛り上がっていたところにバグ発見の報告。2日ほど家に帰れず不機嫌度MAXだったらしい。

共有フォルダー内に社員ごとのフォルダーを作成した

 冷たい態度をとられた腹いせに、「Windows XPのXPの略は?」「Windows XPのCM曲ってあれだよね。ほら、あの……。」「Linuxのマスコットの名前はTux。ではJavaのマスコット名はなんでしょう?」など、友人ならきっとググりたくなるメールを送信。

 それとは別に、「報告書に虫でも貼り付けて、デバッグしましたって書いておけば楽になれるよ(笑)」と、親切なアドバイスも織り交ぜた業務妨害を試みた。後日、牛角をおごらされた。

 それはさておき、友人の助言どおりに検索してみると、Windows Serverには2003 R2からファイルスクリーンという、保存できるファイルを制限する機能があることが分かった。ただ、この機能を利用するには「ファイルサーバーリソースマネージャー」というサービスを追加しなければいけないという。

サーバーマネージャー画面で、ファイルサーバーリソースマネージャーの項目を発見

 サーバーマネージャーを開き、ファイルサービスの内容を確認してみると、確かにファイルサーバーリソースマネージャーという項目を発見。説明欄の末尾には、「ファイルスクリーンの処理ポリシーの定義を行えます」という一文があるので、間違いなさそうだ。

 そして画面右上には「役割サービスの追加」というリンクがある。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ