このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた ― 第40回

らくらくホン7は普通のケータイとどう違う?

2010年10月25日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 製品名と対象ユーザーで見逃しがちだが、実はとても練り込まれたUIと技術を搭載しているのが「らくらくホン」シリーズだ。らくらくホン発の技術が普通のケータイに取り入れられることもあるという。今回はその最新機種「らくらくホン7」と、普通のケータイを比較してみた。らくらくホンを親や親戚に持たせようと考えている人も多いと思うので、その違いを知っておくと、あとあと役に立つかもしれない。

え? 意外とスペックが高い!

 今回比較したのはらくらくホン7と、同じ富士通の「F-08B」、そしてシャープのハイスペックモデル「SH-07B」。主なスペックを比較したのが以下の表だ。

  らくらくホン7 F-08B SH-07B
サイズ 110×50×15.5mm 109×50×15.2mm 113×52×17.1mm
重量 123g 118g 149g
画面サイズ 3型 3型 3.4型
画面解像度 WVGA(480×800ドット) FWVGA(480×854ドット) FWVGA(480×854ドット)
カメラ有効画素数 810万画素 510万画素 1210万画素
ワンセグ 連続視聴270分 連続視聴180分 連続視聴250分
FeliCa ×
GPS ×
防水機能
最大通信速度 7.2Mbps/384kbps 7.2Mbps/384kbps 7.2Mbps/5.7Mbps
国際ローミング 3G+GSM 3G 3G+GSM
タッチパネル × ×

 ここからわかるのは結構立派なスペックだということだろう。F-08BはSTYLEシリーズゆえにスペックが低めとはいえ、らくらくホン7にはGPSに加え、8.1メガカメラ、さらにワンセグの視聴時間も長い。2年くらい前のケータイを使っている、なんて人はらくらくホン7の機能の充実ぶりに驚くかもしれない。

らくらくホン7
F-08BSH-07B

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン