このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

KARAREMICHi iPhone REPORT ― 第5回

日本の個人・独立系iOSアプリ開発者【2】—STUDIO-蔵

2010年10月22日 21時00分更新

文● 倉西誠一(@kararemichi

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

なつかしのカプセルトイで遊べる、STUDIO-蔵の「ガチャコン」

ーー「ガチャコン」についてお聞かせください。着想のきっかけはなんですか?

STUDIO-蔵(以下、蔵) しょうもないアイデアでも、1本にまとめれば何とか形にできるのではないか……と。ボツになったアイデアの供養みたいなものですね。

「ガチャコン」は、まさに見た目通りそのまんまでございますw ゲーム内の”百円玉”をドラッグし、ハンドルをスワイプしてまわして楽しむカプセルトイです。ちなみに百円玉は10分ほどで復活するのですが、注目していただきたいのは景品のユニークさ。個人的には「音ボックル」がイチ押し! これが集めたくて始めました、はい。右の画面写真は、景品で部品を集めていくロボット、ガチャキング。だいぶプレイしましたから、完成間近です!

ーー景品は、どのように決められていますか?

 アイデアを持ち寄ったり、誰かが勝手に作り始めたり、様々です。

 最終的にはアイデアの良し悪しより「いかに簡単に作れるか」で決めています。あまり時間をかけると作っていて楽しくないですし、そういうアプリは遊んでも楽しくないと思いますので。

ーーご自身で気に入られている景品を教えてください。

 やはり「うろ覚え神経衰弱」でしょうか。手前味噌ですが、あれだけでもう1本作れるくらいのポテンシャルはあると思います。個人的には「テトリヌ」も好きなんですけど、「遊び方がわからない」というメールがたくさん届いたので少しヘコんでいます。

「おもちゃ」というカテゴリの景品には、簡単に遊べるものが揃っている。「METRO BOY」は本体を傾けてロケットを操作、隕石をかわすゲーム。「ミニ・ルーレット」は読んで字のごとくなのだが、項目を書き換えることができるので、ちょっとした抽選や王様ゲームにも使える。中でもおすすめは「うろおぼえ神経衰弱」。タイトル通り「うろおぼえ」なのだが、何がうろ覚えなのかはぜひ、プレイして確かめてもらいたい

ーーボツになった景品案はありますか? よろしければ、いくつかお聞かせください。

 たくさんありますが、それらもいずれ景品として入れたいと思っています。内容的にボツになったというより、手間がかかるのでボツになったようなものが多いので。基本的にやる気がないんです。

ーー景品の中でも「音ボックル」が非常にユニークだと思うのですが、まず着想のきっかけをお聞かせください。

 レビューで「グルーヴ地獄のパ●リだ」と叩かれましたが、実際は「どうぶつの森」に出てくる「はにわ」のパク○です。いずれにせよパクリです。すみません。

「音ボックル」は「ガチャコン」で手に入る景品で、1つ1つが打楽器になっている。これをプレイするとアフリカンなビートの利いた曲が楽しめるのだが、おもしろいのはそれぞれの景品(=打楽器)のON/OFFが可能なこと。曲としては、一度にすべてを鳴らしたところで完成なのだろうが、音を足したり引いたりして、ちょっとしたミックス気分が味わえるようになっている。もちろんON/OFFは再生中にも可能だ

ーー音ボックルの曲はアフリカンといいますか、エスニック調のものですが、それはなぜですか? また、ボツになった曲などはございましたか?

 もともとはファンタジー系のほんわかしたサウンドだったんですけど、途中で方向転換しました。やはりビートボックスには打楽器の方が向いてると思いましたので。結果的に正解だったと思います。

ーーゲーム内の通貨である(?)百円玉を安価なアプリ内課金で提供しようというお考えはございますか?

 課金は最初から考えていませんでした。「お金を取ったら叩かれるよ」と死んだ祖母が言ってましたので。でも、油田が買えるくらい利益が出るなら課金したいと思います。人間だもの。

ーー今後のアップデートのご予定を、可能な範囲でお聞かせください。

 とりあえず現行アプリの景品を追加して、その後は第2弾を作ろうと思っています。2匹目のドジョウを狙うとたいがいコケますが、まぁ「コケてもいいや」と。

ガチャコン
作者 STUDIO-蔵 価格無料
ファイル容量13.7MB カテゴリエンターテインメント
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.1以降

この文章は、電撃ゲームス 2010年07月29日発売号記事企画のために行われたメールインタビューの全文です。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中