このページの本文へ

代理権限やタブ切り替えなど企業向けならではの高機能が売り

風通しのいいオフィスを実現するLotusLive Notes

2010年10月21日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LotusLiveファミリーは、IBMがSaaS形式で提供するコラボレーションサービスで、メール&カレンダーの「LotusLive iNotes」、情報共有ツール「LotusLive Connections」、Web会議&セミナー用の「LotusLive Meeting」「LotusLive Events」などが用意されている。そして今回発表されるLotusLive Notesは、LotusLive iNotesの上位にあたる高機能なメール&カレンダー、アドレス、IMなどのサービスを提供する。オンプレミス型のLotus Notes/Domino、Domino Web Access等で提供してきたのと同等の機能を、Webブラウザ上から利用できる。

LotusLive NotesのGUI

 LotusLive Notesは一般的なインターネットメール以上の社内メール機能を使っていたユーザーが対象。LotusLive iNotesと比較して、メールではプレビューや右クリックメニューに対応するほか、複数作業を同時に行なうタブ機能、複数ファイルのドラッグ&ドロップでの移動、文字装飾や豊富な送信オプションなどさまざまな機能を持つ。また、POP3/IMAPなどの接続が行なえない代わり、後述するモバイル対応が可能なほか、既存のLotus Notesからの利用もサポートされている。さらに秘書の利用を前提とした代理権限の設定も可能になっている。1名当たり25GBのディスクスペースが提供される。

 また、あわせてモバイル向けの「LotusLive Traveler Services」も発表された。これはLotusLive Notesのメール&カレンダーをiPhoneやipad、Windows Mobile、Symbianなどのデバイスから利用可能にするオプション。ローカルのデータとクラウドとの同期がサポートされている。料金は3440円/年となっている。

 製品は30日間の無償トライアルが用意され、IBMのパートナー経由でも販売される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ